魚占いは、始めません。

 

 

おはようございます。
 

あぁ!今月ももう終わってしまう!
あと4日とかで!
あの日記を未だ書けていないとうのに!!!

 


というわけで
 一ヶ月弱書きためていたやつ、
 アップします。ちょっと長いです。

一旦コーヒーとか淹れてきた方がいいかもです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

淹れた?大丈夫?

ではいきます。

 

 

 

 


もうだいぶ昔のことのようだけど

一応今月の話。
そういえばGW前あたりに私、
だたの興味本位で
とある質問メールを友人知人に送り、
その回答を集めておりました。

 

 

友人知人かというと、
その人の特別な”好き”、を
私が知ってる人たち。

 


そしてどんな質問かというと、

「○○(友人知人の名前)って、△△(好きなもの)のこと好きやん?でもその中で特別に好きな△△って何?そんで、他と比べてどんな所ににゾクッとするの?」
敢えて大真面目に。

 

 



なんかふと、

私がポップアップ好きなのみたいに、
他のみんなは好きな物のどういう所が特別に好きなのか、
突っ込んで知りたくなったんですよね。

 

 

 

ただ、不躾に突然聞いても

「え?何?怖い。」ってなるだろうから、
そこは先鋒として私から。

 

 


「例えば私の場合だと、好きなポップアップはキースモーズリーさんって人が設計したポップアップで、彼の設計は動きと留めが精査されてて技術的に凄く細やかだし、そのうえで別の時空間を出現させてるところがすんばらしくて好き。」

みたいな。

 

 

 


そして、すでに聞いている
他のかたの例も少し挙げてみたり。

 

 


「例えば知り合いのWebデザイナーさんだと好きな数字は即答で1024だったし、前の会社の後輩(歴女)の好きな時代は即答で「絶対に、安土桃山時代!」だったよ。」

 

 

 

こんな経緯で質問を投げてみたわけです。

 

 

 

いきなりで引かれるかなと少し心配だったので
返事はいつでもいいよと言ったのだけど、

結果、そんな心配はゼロで(多分)

みんな返信早くてビックリでした。

 

 


というわけで勝手に抜擢された四名の、
 それぞれの回答を紹介します。

(本人には公開了承済みです。)
 ↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【昔から飛行機が好きで今や空港で大活躍中の友達に「好きな飛行機の機種って何?なんで好きなん?」って聞いたら】
 私はB744が一番好きやねん。一番最初のジャンボジェット機やねんけど、一番でかくて(今は違うけど)、燃料も食うし、なんか鈍くさいカタチしてるけど、豪快に空を飛んでくのを見たら”コイツゥ、煩わせるくせにかわいいなぁ!気をつけて飛んでいくんやで〜”って思うねんなぁ笑

 

 


【建築の勉強をしている友達に、「好きな建物ってどんなのですか?どうしてその好建物が他と比べて特別に好きなのですか?」と聞いたら】
 岡山県高梁市にある「吹屋小学校」。この小学校、私が初めて建物を見て鳥肌が立ったのですよ。「あー、これ(建築)、やっていこうかなー」というきっかけになりました。
 2012年に閉校になるまで、学校として100年使ってたらしく、“みんなが大事に使ってた感”が、にじんでました。古すぎて明らかに、傾いていましたもん。
 古い建物って、資料館になってたりして、非常に寂しいことになるけど、吹屋小学校は当時“現役”校舎でしたから、他とは違う魅力ありました。佇まいが穏やかです。とはいえ、閉校して、やはり資料館になるらしいです・・・

学校建築って、「100年経ってもそこにいるのは6歳の子供たち」なのが、すごい不思議だと思うんです。時の流れを内包するような…何と言うか、表現が難しいです。

 

 


【大学の釣りサークルの先輩(魚に関わる事業をしてる広島県民)に「何の魚が好きなんですか?なんで好きなんですか?」と尋ねたら】

トビウオ—!!
 海も空もいけるしー、生でも美味いし干物でもダシとれて役立つしー、見てくれ無骨じゃが適度に群れて距離感あるしー、器用貧乏で中途半端で夢がある!

多少なりとも自分を重ねてるんだろうねぇ。

てか、魚占いでも始めんのけ?

 

 


【同じく釣りサークルの今度は後輩(私の記憶が正しければ、確かマグロの仕入れとかしてるらしい)に好きな魚と理由を尋ねたら】
 僕は、真っ直ぐ突き進むマグロと言いたいところですが最近一番好きなのは、サクラマスですね!

なんで好きかっていうとまずは見た目の美しさ!めっちゃ綺麗です。
 川の上流で産まれるんですけど、一年は川で過ごすんです。
 その後その中でも体の大きくなったもの、威張っているものは川に残って一生を過ごします。
 体の小さかったもの、弱かったものは居場所がなく川を降るんです。
 そして、もっともっと大きくなって1年後に産まれた川に戻ってくるんです。いっぱい海で経験して大きくなって故郷に帰るんです。
 そして、戻ってきたところで産卵するんですがその中に川で居座った奴も産卵に加わってくるんですが何も怒らないんです。
 そして子孫を残して死んで行きますが、川に残ったものはまだ生き続けます。

カッコよくないですか??😄
 魚の世界にもドラマがあるでしょ?笑

しかも続きがあってある程度大きな川だとそこを海と見なして居座るものもいるんです。それをサボリと言います。

 

あと、川の魚なのに海で生きられるよう体も変化させるんです。奥が深いです。

そして滅多に会えない。
 僕もいまだ釣ったことはありません。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

以上です。

どうでした?

 


読むの疲れた?

お疲れさま笑

 

 

 

私、みんながそれぞれ何が好きなのは知ってたけど

突っ込んで聞いた事がなかったので、

初めは送られてきた回答を

「めっちゃ好きやん笑」と読んでたのですが、

だんだん感動してきて最終的には

私のダークな部分が浄化されてたみたいに

感じるほどでした。
やっぱり、嘘偽りのないものに触れると

本当にホッとするし癒されるなぁ。

 

 

 


あ、でもここでひとつ言っておきたいのは、

確かに特別に好きなものがある人たちって

とても素敵で魅力的だけど、
でもだからといって、
好きと思う対象が特に無く、

これからもないし、無理矢理探すつもりない、

結構何でもいろいろ好きだし、
好きが色々変わっていく、っていう人たちも当然、

超同等に本当に本当にイイ!と私は思ってますからね。

 

 

決して今日の日記を、

「好きなものを見つけよう!キラキラ!」みたいな、

そういう類の気持ちや大それた立場で書いたのでは

断じてないので!

 

だって、そんなん、人それぞれやから。


 

 

ただ、それにしても聞いてよかった。

深く聞いてみたいと思える人が周りに居て、

それに真摯に答えてくれたってことが、

素直にとても嬉しかったです。

ほんとはまだ聞いてみたい人たちが一人二人いるけれど、

間合いをつめるのは怖いのでやめときます。
 

 

突然の質問に答えてくれたみんな、

ありがとうございました。

そんな風に思って頑張ってること改めて知れて、

自分もそうでありたいなと思い直せたし、

今度から魚食べたり飛行機乗ったり建物に入ったりした時は、

みんなの事思い出します。

 

 

 

そして同じく

この長文をここまで読んだあなた、

お疲れさまでした、ありがとう。

 


 一旦目を休めて、よい休日を。

 

 

 

ささ、出かけよー。裕美


まずは見積もりから始めよう。

 

 

こんばんは。

 

今日は目覚めた時から雨でしたね。

雨の日は頭が冴えるので(多分(笑))、

朝机に向かうやいなや

A3用紙にシャーペンが動き出し、

気づいたら5、6年ほど前から頭の中ではぼんやりとあった

ゴールへのルートが

なんとなく見えてきたかもしれへん!

っていうのが下の図です。

 

 


 

ルートは見えた気がしてるけど、

勝算あるかと言われたら、今の時点では自信ない。

 

 

 

軍師が必要。


今日から半年間販売です。

 

私は自分の作品の実物を

ほとんど人に見せたことはありません。

 

 

同世代の男性に見せたことなんて数えるほど。

多分、3、4人。

 

 

まぁ、そもそも誰かに見てもらう為に

つくり始めたものでもないし。

 

 

 

 

それを、どういうきっかけか

(ってどんなきっかけかはもう分かり過ぎるぐらい分かってるけど)

老若男女関わらず、

一回外に出して見てもらってみようと思ったのが3月。

 

 

 

ZINEという、少部数発行の自主制作出版物という形態で、

これまでの作品の写真と実物をまとめた一冊を

つくってみることにしました。

 

 

 

2ヶ月かけて構成を考えたり

写真を撮ったりデータ作ったり

切って貼って製本して。

GW開けにやっと出来たのがこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日から半年間、

東京のZINE shopというところで

10冊を販売中です。

 

 

 

ネット販売もあるみたいだけど、

その辺りはまだよく私が分かっておらず、これから。

とりあえず実店舗には置いてもらってるみたいです。

 

 

 

で、初日の今日はパーティーイベントがあったようで

沢山の方がいらしゃったからかもしれないけど

ご丁寧に「買いました!」っていうメールをくださる方がいて。

 

びっくりしました。

ブーと鳴った携帯を見てメッセージを読んだ瞬間私は、

動揺してキッチンに棒立ちでした。

直前までしていた”アジにパン粉を付ける”という作業が

強制終了してました。

(因みになんちゃってアジフライを作ってるところでした。)

 

 

 

こんな嬉しいことがあるんだなぁ。

 

 

 

そういえばこのZINEをつくる過程で

禁断の(笑)同世代男性に実物をお見せする機会があったのだけど、

「これめっちゃかっこいいやん!」って言ってもらえたこと、

今思い出しました。

 

 

 

 

とにもかくにも、

作ったものを受け入れてくれる誰かがいることを知るって

こんな気持ちになるんですね。

いや、今までもこんな気持ちになれるチャンスが

いくらでもあったのかもしれないけれど、

それに気づける自分じゃなかったのかも。

 

 

 

 

とにかく、ありがたい一日でした。

 

 

 

 

あとはポップアップを通して感じる

嬉しい、とか、ホッとする、とか

日々いろいろあるんだけど

そういうの全部ひっくるめて思うのは、

みんなに良いことがありますように。

 

です。

 

 

さて、寝よ。

おやすみなさい。

 

 

裕美

 


憧れの女性。

 

 

昨年末から密やかに始めたインスタグラム。

 

 

とーーきどき、

あのマシューさん(アメリカの超有名なペーパーエンジニア)から

いいねをいただくのですが、

あれはやっぱりアプリかなんかで自動でついてるんですかね?

自動でコメントもつけられるようになってるんですかね?

 

 

疑心暗鬼な私は

手放しでは喜べずにおります。

 

 

 

 

それはそうと私は、

キースさん(私が一番好きで尊敬しているイギリスのペーパーエンジニア)

とにかくまた会いたいのです。

 

 

植物の作品とか、

日本で形になったポップアップの作品や商品を持って、

見せに行きたい。

 

 

あなたに憧れて作り始めたものが

こうやっていろんな人の力が合わさって形になって、

日本や世界でいろんな人の目に触れているよ、

ありがとうございますって伝えたい。

そこに行き着くまでにあとどれだけかかるんだろう。

 

 

 

そんなキースさんは今年で91歳。(たぶん。)

奥さまは103歳。

 

 

 

そういえばGW中に誕生日を迎えた奥さま、

今年の誕生日プレゼントには何をおねだりしたのだろうな。

 

 

※ちなみに100歳の誕生日のお題は

「マクラーレン車に乗って時速300km/hを体感したい」でした。

予想を常に超えてくる要望に

家族が慌てふためきながらもいろいろ手配し、

最終的には本当に実現させてて笑いました。

 

 

 

 

一瞬だよ!

 

 

レーサーさん達から大絶賛だったみたいです。

 

 

Hiromi


タイトルは"Let Me Bloom"です。

 

 

ここのところ長文の日記が続いたので

今日はあっさりいきます。

 

 

これまでの作品を写真+実物でまとめたZINEを

10冊限定で作りました。

 

 

 

 

これは組み立て途中の写真。

 

 

 

 

20日から東京で販売開始です。

また詳細書きます。

 

 

 

裕美



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 本日のあれなこれ。
    Hiromi
  • 本日のあれなこれ。
    Midori
  • まずは見積もりから始めよう。
    Hiromi
  • まずは見積もりから始めよう。
    Hiromi
  • まずは見積もりから始めよう。
    Midori
  • 二日前の自分に問いたい。
    ひろみ
  • 二日前の自分に問いたい。
    みどり
  • トナカイは雌でも角が生えるらしいからいけると思う。
    Hiromi
  • トナカイは雌でも角が生えるらしいからいけると思う。
    Midori
  • トナカイは雌でも角が生えるらしいからいけると思う。
    Hiromi

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM