帰ってきました!


 

【 I'm back! And what will I start to set about first ??? 】

〜 First of all, I help my right palm! 〜

 



 

帰ってきました!

帰ってきてそしてもう7日経ちました!

荷解きは既に終わったし特に時差ぼけも無く、

腸内改善も御陰さまで順調に進んでいます!

そして蒟蒻と白ご飯と湯舟を存分に堪能してます!

家族と会って喋りまくり、帰ってくるといつも待ってるビックリエピソードも案の定あり、

あぁ、帰ってきたなぁと実感!

と同時につい一週間前まで住んでた国と皆が恋しいです。

だからいっぱいメールしてます(笑)

さて此処いらで改めて

帰国してからしようと思ってた事をもう一回思い出してみよっと。

 

【 帰国してからすること 】

1:大師匠から頂いた鉛筆を額装する

2:Rさんにお礼の手紙を書く

3:英語の試験を受けてみる

4:Irisの作品を完成させる

5:祇園祭に浴衣着て行く
 

+頭の中にあるアレとかアレ。あ、アレも。


 

というわけで早速母親に浴衣を着してもらい、
妹と祇園祭に行ってきました。




 

四条通沿いで見た函谷鉾 
コンチキチンの練習中?演奏中でした。





全体はこんな感じ。
今年は後祭である24日にも鉾の巡行があるらしいです。




ただ、今回私たちの目的は鉾ではなく屋台。
この日はお昼過ぎに家を出て、
数年前に気に入って買ってた焼きラーメンとサングリアのお店を探すも見つけられず

替わりに白ワイン2杯、鶏のハーブ串焼き、焼きそば、イカ焼を食べた後夜22時頃家に帰り、
ヨーグルトとお菓子とコーヒー牛乳で締めるという一日を過ごしました。

むっちゃ楽しかったです。



 

なので【帰国してからすること】5:祇園祭に浴衣着て行く
はDONE!




 

続いて1、2、3、4、etc...!
と調子良くいきたいところ。


 


 

ただ、そろそろ無視したくてもできないのが、

この4ヶ月の間で地味に悪化してた右手掌の炎症。



 

見慣れてる自分でも、「見苦しいな」と思っていたくらいだから、

家族からは「それアカンで、、早くお医者さん行きぃ。。」と真面目に言われ、

”皮膚科に行く”がランク外から急上昇し、
最優先事項となりました。



 

だけど普段ほとんど病院に行かないので
『え〜皮膚科ってどこにあるんよ〜』と重い腰を上げないままでいたら、

なんと私が居ない4ヶ月の間に
住んでる家の真横で皮膚科クリニックがオープンしてました。

すご(笑)!




 

というわけで行ってきました、皮膚科。
そしてすぐ状態が良くなってきました。



引き続き困った右手をかばいながら、

残るやることリストを楽しんでいきます。


みなさんも、要所要所で体をねぎらってのんびりしてください。
では、また。


 

Hiromi


お米の炊き方を書き置きします。:あと2日



 

【 IT'S TIME TO FLY BACK ! 】

〜 I feel like I can back here someday. 〜




 

あ〜いよいよ明日の夕方の飛行機で帰るのかぁ。


実はなんと1週間前ぐらいから、もうちょっとだけ居たいなぁと思い始めました。
その位、こちらで過ごした人達との別れがただただ惜しいです。

泣くまいと思って帰国日より少し早めにお礼カードを渡す予定が、
まぁいろいろあって土曜日から今日まで、
ちょっとずつだけど毎日涙が出ます。


 


この4ヶ月という123日のあいだ、皆さんもいろいろな事あったと思うし、私もありました。
想像を越えた楽しいこと、勉強になること、嬉しい事、感激すること、
イライラすること、ダラダラすること、ひたすら集中したこと、
自信を持てなくて心細かったこと、ただただ不安で不信になったこと、、、、
尊敬する人に会い、見た事ない情景の中に身を置き、感じた事の無い気持ちになり、
笑って泣いてそして平常心、そんな日々を過ごしてきました。


そんな日々を経ることで、
ポップアップは勿論それと同じくらいに、
今迄頭の中にぼんやりあった人生や衣食住に関する理想が
アイルランドから帰ってきた時よりもより明確になってきました。

また、今回もまた素敵な人達と会うことで人としての理想も増えました。
理想と思える人と会えて心躍る反面、
今迄自分のものさしで、
自分はまだしも物事や他人を勝手に測って判断してたなぁと反省中です。




もし今、「やり残した事は無い?」と聞かれたら、

こう答えます。


 

「えーー、もし帰ってきた後にやり残した事を見つけてしもたら?
そしたらそれはそれで、その時にできる方法を考えまーす♪」


 

です。


やり残した事について悔やみません。

そして別にやり残した事あってもいいかなとも思います。
それを見つけられた時点でそれが出来る方法を考えてするので良くないかな?

勿論、背中を押してくれた人達に恥じない様、
滞在中にやるべき事をやったよ!って自分で思えてる上でだけど。


 

とにかくこれからは、◯○でなければならない、とかじゃなく、
もっと更に気楽になっていきたいです。
色々に対して、心配ないさーと思いたいし、
心配ないさーーと言ってあげられる人になりたいです。


だって私がこちらで会った人達。
皆凄く気楽。
なんで気楽かって、何も考えてないとかそういうんじゃなくて、
Iさんが言ってた様に色々な事を乗り越えてきたからこそ、
私からしたら凄く難しそうな事でも
「うん大丈夫、できる、心配しないでいいよ」と判断できるという事だから。



それってめっっちゃカッコイイ!
気楽って凄い!



あとは時間や自分を、自然に楽しい感じで緩急付けて動かしていく人に、
私もなりたいです。


あぁ、、、何言ってるのか分からなくなってきました…

話題を変えます。(笑)


 




 

さてこないだの日記で、
まだ少し早いけど週末料理を皆に作り、

この4ヶ月の思い出の写真とメッセージをまとめたカードをプレゼントし、
お礼の宴をするつもりだと日記に書きました。


ちょっと早くやる理由は、
帰国当日に泣きたくないから。




そのお礼の宴の話を今日は日記に書いて、
そして写真をのっけて終わります。


※多分またまとめきれなくて長いから、
読むのしんどいと思うので体と眼に無理させないでくださいね。


 

でも皆に聞いてみると何か土曜日は都合悪いらしく、
日曜以降だと空いてるよ、というはっきりしない感じだったので、
土曜日は普通にドライブして過ごしました。友達の運転で。



初めて行く街に連れていって貰い、少し買い物をしました。
お昼過ぎに帰ろうと車が街を出て少しして、

別の友達の家に寄ってお茶しない?ってことになりました。


 

いつも、誰かと会ったりどこかへ行ったりは突然に起こるので、

あんまりびっくりしなかったし、友達と会えるので嬉しかったです。


 

友達の家に着きドアを開けると、家の中がシーーンとしていました。

何度も行って泊まらせてもらった家なので、
普段賑やかなのを知ってる分、アレ?と思いました。



 

あれ?

Cちゃんどこなん?



 

すると一緒に来た友達が部屋の奥にある庭の方を指差します。

そっちの方を見てみると…………



 

「サプラーーーーーイズ!!!!!」

こっちへきてお世話になった家族、友達約20人のみんなが、
白い垂れ幕の背後から次々に出て来ました。


 

私への、ビックサプライズお別れパーティーです。。


 

あまりに驚き、味わった事の無いでっかい感動にどうしたら良いか分からなくて、

でも嬉しくて、でも皆週末なのにこんなにしてくれて申し訳なくて、
そういう気持ちが一気に同時にわき起こったせいで、
何かのぼせたような酔ったような感じになり、駆け寄る力もなく、
家の柱に抱きついてめっちゃ泣きました。


庭のテーブルにはサンドイッチにフルーツ入りのドリンク、スコーン、
ブラウニー、レモンケーキ、カップケーキ……

色んな種類のケーキは、仕事終わりの金曜日の夜、
皆で集まって5時間かけて焼いてくれたそうです。




 

他にもテーブルがあり、手作りのケーキがずらり。


 


Have a safe trip,Hiromi. をインターネットで和訳して、

シーツに絵筆で書いてくれたというインパクト大の
「安全な旅行をする 裕美」。



 

私のキャッチコピーができました(笑)

それにしても初めての日本語ライティングで、

ここまで読みやすい日本語を書けるなんて凄いですよね。

これを書いたCちゃん、彼女は話してても遊んでても勉強してても何してても、

人の気持ちや物事の本質を把握する感覚が抜群に澄んでいるので、

だからこんなに上手に書けるんだろうな。




クリケットのルールが書かれたティータオルや、
私が小屋建てたいと言ってたので家の雑誌等、
プレゼントまで………


 

この日私は泣き、笑い、食べて飲んで、喋って歌って遊んで、、、
味わった事のない感動がある事を知りました。

私がお礼するつもりの週末が
こんな週末になるなんて微塵
ミジンコも思ってなかった。。。。
本当に、本当に、ありがとうございます。
特にこれを全部オーガナイズしてくれたCちゃん、本当にありがとう。



 





ならば今度は私がもてなす番。
みんなの予定を合わせて月曜日、家に来てもらい、
料理ぐらいしかできなかったけどお礼をしました。

作ったのは、


生春巻き
マッシュルームスープ
・ちらし寿司

照り焼きチキン
餃子

日本食で揃えてなくて食べ合わせ悪いかもしれんけど、
今迄作った中で好評だった無敵の選抜メンバーを揃えました。



特に焼餃子は相変わらずめっちゃ人気でした。
ただ人気なのは嬉しいけど、
なんせこっちに餃子の皮が売ってなくて
小麦粉からこねて伸ばす所からしないといけない為、
作るのにもそ時間がかかります。

この123日間で私は餃子の皮を通算120枚は作ったんじゃないでしょうか。
誰か、、、、、褒めて。。。。。




そして皆が食べ終りお腹を休めているところで
カード10枚分を繋げて作ったアルバムカードを渡しました。


今回私がここへ来ることになる迄のこと、
ここへ来てからの4ヶ月の思い出を
スクラップブッキングみたいに
写真とコメントでまとめたものです。


笑いを狙ったコメントをちょこちょこ入れてた為、
その度に笑ってもらえた事は関西人としてかなり嬉しかったです(笑)。


そして最後の方にいくに連れ、
作ってた私がポロッと涙しながら作ったのもあり感傷的なコメントになってたのか、
読んでたみんなもポロッといってました。
そしてハグしてくれました。



お礼の気持ちが伝わったみたいで安心しました。





まだまだお礼は終わらないし終われません。
これからも、ずっと、BIG PICTUREな視点のおつきあいを通して、
そしてまた会う時もあるだろうし(きっと!)、
その中で還していくからね。


改めて、みなさんありがとうございました。




 





さて話がぶっつり切れますが、
ここからは散歩中に撮った今のこちらの写真を数枚のせ、
この123日間の日記を終わろうと思います。

まずは花の写真から。

 



赤茶色のレンガに映える白い花。



 


だいたいどこの家の壁にもアイビーやクレマチス、藤、ハニーサークル等の蔦類が這っていて、
私はそれが凄く好きです。

 





鮮やかな色の組み合わせが目をひくご近所さんの玄関。


 




綺麗な庭だなぁといつも思う庭。



 

花や葉の高さ、色、開花時期の組み合わせって計算されてるんだろうか…
されてるんだろうなぁ〜。
庭づくり、やってみたいなぁ〜。




日射しが強くて、でも風は涼しい。
そんな秋晴れみたいな気持ち良い日。





そらぁじゃがいもだって転げてることもあるさ。

 


あぁとても綺麗な国。
そして日本に帰れば日本の美しさも感じるんだろうなぁ。
夏が暑いのは本当に嫌やけど、どんな風に感じるかまた楽しみです。



 




それでは、


 

この日記を読んでくださっていて一緒にふんばってくださったアスカさん、
Mちゃん、そして他の皆々様。勿論家族や友達。

途中荒んだりダレたりした日も無きにしもあらずなこの123日間、
それが自分の人生にあったことを誇りに思うとともに、
本当に皆様に感謝します。ありがとうございました。

 

皆様が居なかったら確実に私は今ここに居れてないし、来ても居続けられなかったです。




だから、将来ちゃんと活躍します。
 

とにかく、まずは無事に日本に着陸すること、
それから爆睡して荷解きして落ち着いたら

また改めて日記を書きます。


それまでみなさま良い日々をお過ごしください。


ではまたね。


 

Anzenn na ryokou wo suru,
Hiriomi


アイリスの型紙精製完了 : あと8日



【 Come on CHANCE! 】
〜 It is about time I packed up.
But at the same time, I'm watching for an opportunity. 〜


 



今年こそ、浴衣着て祇園祭に行くんだ!!
祇園祭に行って、ちまきを買い替えてそして、
博多とんこつ焼きラーメンを食べるんだ!
いか焼き、から揚げ、サモサ、片手にサングリアで日本の祭を楽しむんだ!

絶対これ全部やるんだぁぁぁーーーー!


そしてこれ全部やった後に、夏ヤセするんだぁぁぁあーーーー、
Hiromiです。




 




 

アイリスの型紙精製が終わりました。


 

昨日約4時間、途中コーヒー牛乳休憩を挟みながらも

グッ.....と集中。
 




花部分がごちゃごちゃしてる為、葉っぱはスッキリさせました。



 

全体的にだいぶスッキリした型紙を眺めていると、
精製前は若干派手過ぎかなと心配していたのが

逆にもしかして物足りないかもとすら思えてくるから不思議です。

さぁ、今日以降はこれを肌身離さず持ち歩いて、

師匠&大師匠に見てもらえるチャンスを

帰国ギリギリまで虎視眈々と狙っていくぞ!


 

果たしてなんという感想が聞けるか!

(英語をちゃんと聞き取れるか、という基本的な問題もあるけど(笑))




楽しみです。


 





そんなこんなであと8日。
道端で会う近所の方々が
「もうすぐだね〜」と声をかけてくだると、
私も「もうすぐかぁ〜」と思います。


至って平常心です。


寂しい気もするけど、
飛行機に乗れば結構すぐ行けるし。





と自分ではあんまり寂しがってないつもりでしたが、
お世話になった方々へのお礼として
この4ヶ月間の思い出写真とメッセージを貼り付けたカードを作っている途中、
突如ウルッときてしまいました(笑)


帰国当日泣きたくないので、今週末にでも渡そうと思います。



あぁ、短くなかったこの4ヶ月。
まだ振り返るには8日もあるので早いけど、
自分の人生にこの4ヶ月があったことを誇りに思います。
途中幾度かムィーーとなったけど、今となっては経験できて良かった。



 

そしてそして私と同じこの期間に底力なMちゃんが

どうやら勝負の時を迎える様子。


 

充分やってきてるのだろうから、

私が願う事はただ一つ、

私が想像してる以上に積み重ねてきたであろう日々と同じ様に、

当日要らん心配や邪魔が入らず普段通りの環境で望めますように。

それを私は願ってます!


 

心配ないさーーライオン



Hiromi


幻日を見ました:あと16日



 

【 If a chance is coming through the door, just take it. 】

〜 At first, you may find it difficult to make it done,
but it's not from the next time. 〜



 

ずっと書かなくてはと思い、

書ききれていなかったこと。


 

5月3日に誕生日を迎えた、

友達のお父さんのお母さんについて。


 

なんでこんなまわりくどい言い方をするかというと、

友達の”おばあちゃん”と呼ぶには彼女は若過ぎるから。


 

では彼女は今年何歳になったの?。







 

YES,100歳!

腰も曲げず、自分の足でずんずん歩いていくパワフルな彼女はIさんといいます。


 

何度もIさんと会っているので

今では「100歳って若い」と脳みそにインプットされたけど、

さすがに初めて年齢を聞いた時、

自分の中の100歳のイメージと目の前のIさんとのギャップにビックリしました。


 

だって産まれたのが100年前ですよ?

100年前ってどんだけ前かというと、


 

例えば豪華客船タイタニックが沈没した2年後。

映画を観た方はイメージできるかと思いますが、

どんだけ昔で今と違うか。
あれの2年後に産まれたってこと。



 

そして彼女は私が知らない大きな戦争を経験してる。


忘れられないのは、

戦争中おもに病院にいたというIさんが

病院内に隠れながらも窓から外を見た際、

偶然敵の飛行機が窓際を通過し、

操縦者の顔がはっきり見えた瞬間だと聞きました。



 

それから彼女は、

戦争が終わった後の世界の変化を全部経験してる。


 

生活様式、交通手段、通信手段、

色んな事が大幅に変わっていったらしいです。


 


 

そういう変化の時代の中を過ごして来たIさんはどんな女性なのかというと、
 

家の中は常に綺麗に片付けしていて、

出かける時は綺麗にお洒落をします。

お客さんが来た時は、

ゴールドで縁取られた薔薇の花柄のティーカップに紅茶をいれ、

お揃いのソーサーにのっけて出してくれます。

Iさんが今迄食べた中で一番美味しいという

ポークパイも一緒に出してくれます。

その後、サンドイッチも作ろうとしてくれるので、

「ありがとうございます♪もう充分いただきました♪」

と言っても、

「じゃあ持って帰って後で食べたら?」

とおもてなしが止まりません。



 

Iさんは白と黒がハッキリしていて、グレーが嫌いです。

そして年齢を絶対ネタにしない。だから周りの人達もそれをネタにしない。

というか、そもそもそいういう発想が全く湧いてこないです。

だって若いから。


 

そういえば出国前に会って話した同い年の友達で、

「だってもう若くないしさぁ〜」とか、

「だってもう◯○やしなぁ〜」とか、

「でも◯○が心配やしなぁ〜」とかいう話を聞いてた日があったのですが、

なんてこった、です。

Iさんと会ってから思い出すと増々、

なんてこったい、です。


 

もう、Iさんに会ってみて欲しいと思います。

会えば、頭の中に居座ってるその言い訳風な事柄が、

言い訳として成り立つわけが無い事に嫌でも気付くし、

と同時に好きな事や生活や色んな事に対して、

自由で新しい発想がとりあえず湧いて来るはずだから。

なんて、

相手が望んでもないのに自分の考えを言い過ぎたり、

ましてや相手の考え方を変えよう・変えられるなんていう、

おせっかいで自意識過剰で自惚れが過ぎる事は大嫌いなのでしないですが、

せっかく何かしてみたい事があるんだったら、

気楽にまずは何かしらやってみたら楽しいだろうにと、

私はこっそり思ってます。

あ、話がずれました。

Iさんについて。

えーとそうそう、Iさんは、色んな人を家に呼び入れて話したりするのが大好きです。

さっき少し書いたようにお客さんをもてなすのが大好き。
あとは、どんな小さなことでも、

自分が綺麗と思ったら、「綺麗!素敵!」と存分に愛でます。

そして好奇心が旺盛。

ただ興味を持って面白そう〜と思ってるだけじゃなく、

その対象に近づきたくて体感したくて待ちきれなくて必ず行動してます。

 

だから、100歳になった数週間後にサーキットに行き、

新型の一流スポーツカー(約3400万円)に乗り、

一流レーサーの助手席で時速約300km/hを体験したりもします(笑)。



 

Iさん びゅーーーーーん


 

そして私は、そんなIさんの記念すべき100歳の誕生日パーティーに

お呼ばれしていたわけなのです。



 

時は5月。



 

誕生日の前日からパーティー会場の湖岸のホテルに

ひ孫までを含む大家族、色んな場所に住んでる色んな年代の友達が集まりました。


 

誕生日当日の朝には、

みんなで朝食をとった後にホテルマンが来て、

「クイーンから届いています」と。

エリザベス女王からの誕生日カードを受け取ったのをかわきりに、

みんなでいっせいに誕生日カードを渡しました。





それぞれ+それぞれが預かって持ってきていた誕生日カードずらり。


 

そして私が創って贈ったのはこのカードです。



以前紹介した花束のポップアップ、1/4サイズバージョン。
手描きのメッセージと日付を添えて。


(サインはとある葉っぱの裏にこっそりしてあります。)
※作品の転載・転用はご遠慮くださいませ。

 


パーティーに参加していた男性Jさんが、
私がここに居る理由とこの花束のポップアップにえらく感動してくださり、
手に取って見て、机に戻す前にカードにキスをしたのを横で見て、
嬉し恥ずかしどうしよう、でした。



それからハッピーバースデーの歌を
皆(他の宿泊客やホテルの従業員の方も含む(笑))で歌いました。


私はその一部始終を見ながら、Iさん自身と、
このパーティーを全てオーガナイズした孫であり友達のCちゃんをとても尊敬しました。




始終自分がここに居るのが場違いなのではないかと心配していたけれど、
と同時にここに居ることを誇りに思える、
本当に幸せな誕生日パーティーでした。


 





さてそんなIさんに結構頻繁に会えるのですが、
私が気になっているのは
”Iさんが人生で大事にしている事って何?”

です。


直接聞いたら答えてくれるのだろうけど、
そこはやっぱり何かまだ私は人間なっていないので駄目な気がして
踏みとどまっていました。


 

そしたら先日、
例のごとくお茶とポークパイとサンドウィッチを頂いてる時に、
なんでこんな話になったのか忘れたけど
Iさんからこんな話をしてくれました。


 




何かのチャンスが訪れた時、それは断らずに挑戦してみた方がいいよ。

初めは何から手をつけて良いか分からなくて辛いだろうけど、
それをどうにか終えて、
そして次に同じ機会が訪れた時、
自分の成長に気付けるよ。

だって既に一度経験してるでしょ?
初め難しかった事が気楽に思える分、成長してるから。

だから、やってきたチャンスには、勇気出してチャレンジした方がいいよ。


 




 

あぁ私は過去に断った事が何回もあるなぁ〜
それこそどこからか言い訳を見つけてきてやらなかった事が結構あるなぁ〜


でもこのIさんの言葉の意味は、
今回の外国生活で最も実感している事の一つだったのでよく分かりました。



 

あぁ〜Iさんの様に、
話しているだけで会うだけで、
何だかインスピレーションが湧いて来る様な人になりたいナ。


なにはともあれ改めて
Happy Birthday、Iさん!!!!



 





さてもうだいぶ読むのも嫌になってきたかもしれませんが
まだ書きます(笑)



なんでって昨日ですね、
”幻日(げんじつ)”というのを見たから!





見えますか?太陽が二つあります!
日本でもどこでも見られるものらしいけれど、私は初めて見ました。
さてどっちが本物でしょう?




というのも昨夜20時頃に車で買い物に出かけていて、
日没前で眩しかったのでサングラスをかけてたら、
縦に伸びた短い虹みたいなのが見えて…



『あれ?今日は雨降ってなかったのに虹?』
『ん?っていうか、太陽二つある?え?』



あぁそうか、サングラスのレンズが光ってるのかもしれないと、
サングラスを外して確認。

でもまだ虹もあるし太陽も二つあります。



『あれ?眼鏡のレンズが光ってんのかな?』



眼鏡も外しました。
でもまだ虹もあるし太陽も二つありました。



(※どうでもいいかもしれませんが私は普段コンタクトをしていて、でもこの日は眼鏡でした。
外出時にサングラスをかけるかどうか迷った末、車の中だからまいっか☆と、
”眼鏡の上からサングラス”という気持ち悪いことをしてましたてへぺろ




スーパーに着いて外に出ると、
40代ぐらいの男性が太陽に向かって携帯カメラを向けてたので
「これなんですか?」
と聞くと、テンション上がった様子で幻日の事を教えてくれました。

その男性は幻日のことは知ってたけど、実際見たのは初めてだそうです。



 


右が本当の太陽。
左が、雲の中に浮かぶ六角板状の氷晶と太陽光によって映し出された幻日。



詳しい原理はインターネットでお調べください。
私はよう説明できません。


そうしてるとスーパーの店員さんも外に出て来て、
「数分前はもっとハッキリ見えてたんだけどね〜」。


集まって来た数人で幻日鑑賞です。
撮った写真を見せ合ったりしながら数分過ごした後、
「一日のいい締めくくりだったなぁ」と買い物を始めました。



かなり広いスーパーなので冷凍食品のエリアも日本と比べ物にならない程広く、
前を通るだけで鼻の中とかが凍りそうになりました。





い、以上です。。
(昨日の一日の締めくくりは良い感じだったのに、日記が良い感じで締めくくれない!なんてこったい!)



Hiromi



 


プロのおしごと:あと17日



 

【 FISH SKINS DROPPED DOWN FROM ME EYES! 】

〜 The world in his brain must be bigger and deeper than real world. 〜




 

こんばんは。

日が空いてしまいました。
下書きは5日前にしてたのに。


そしてまた面白くないかもしれないけど
えぇ今日もアイリスの話です。


 

こないだ大師匠に頂いた改善点。

それを型紙に反映させたのが前回までの話。

 

それを6日前の夜、そこから型紙を精製しようと、

まずは一番こんがらがっててモミクチャになってる部分から

試験的に精製してみました。



 


とりあえずはメインのしかけを支える土台パーツの
組み合わせ方の検証。


 



検証の結果、今回のアイリスの土台パーツは
上の画像で言うと一番下の構造がベストでした。


あとは花の構造を少し改良して型紙全体を少しずつ洗練させ、
夜が深まり過ぎないうちに終了。

 

そしてその翌日、まだ精製途中の型紙だったけど、
『今いけるかも!』という空気を察し​た為、そうろと突撃。

大師匠の一番弟子であるBさんに見ていただきました。

 

チャンスは、狙う時は狙います、Hiromiです。

手に取って3秒で、構造上のアドバイスを2点も頂きました。

目から鯉鯉100匹位の鱗がポロロロロロロローーーー(最後の方は巻き舌で)

と落ちました。
 

なるべく早くそれらを反映させたものを作り直すつもりです。


 

あぁ、こんなにこの型紙づくりを楽しんでるのは私だけで、

この型紙見ても他の人は何にも思わないんだろうけど、

私は心の底から楽しいです。

これで電気が起こせるなら、
どうぞクリーンエネルギーとして採取して使って欲しいです。
再生はなんぼでも可能です。
二酸化炭素も出しません。





そんなわけであと17日。2週間と少しです。
ここで出来る事をしてきたいと思います。


それでは今日の日記は、
今年の夏至の日(6月21日)の確か次の日の夜、
21時くらいに撮った家からの映像で終わります。



はじめにことわっておきますが、この映像には起承転結がありません。
”起”すらありません。


ただただ、鳥が鳴くだけです。
映像の後半で出て来るレンガの家の煙突の上にとまってる鳥が、
遠くに居る仲間?と鳴き合っています。


これを夜自分の部屋に戻る前、
緑の丘を眺めながら、&鳥と牛と羊の鳴き声を聴きながらぼーっとしてると、
なんか一人で見るのも勿体ないし嫌だったので撮りました。



PCとかの音量を最大にしてお聴きください。


 




 

それではまた。

あ!その前に!
音量最大で映像を見て下さった方、音量を通常に戻すの忘れないで!
確認して!今直ぐ!


 

Hiromi


アイリスの型紙を見てもらいました:あと25日



【 From the point of view of a GREAT GREAT master, 】
〜 I have to say - It wasn't a complete pattern. 〜


 
こんばんは。

早速ですがアイリスの型紙についてです。

こないだの金曜日、型紙の大枠が完成して次は精製段階に移りますといっていたアイリスの型紙を、
最も尊敬しているポップアップの作家さんに見て頂ける機会がありました。
(いや、本当は型紙精製してから見せたかったのだけれど、
型紙がどの段階であれ見てもらえるというチャンス自体来るかどうか分からない為、
いつそのチャンスが来てもいいように実はちゃっかり準備してました
undefined


型紙を見てもらって、何らかのご意見をいただけるのは完全に初めてです。
とても緊張しました。


彼はきっとポップアップを40年どころか60年ぐらいやってはるのではないでしょうか。
私はまだ10年弱。


巨匠の手が私の型紙の台紙を持ってる。
危うくこの光景を体験できただけでホエーーと満足して回れ右しそうでしたが
そうだここで終わってはいけない!
何らかの感想を出来れば頂戴したい!


色んな角度に傾けられ色んな角度から見られて沈黙の数分が経ち、
私が質問する前に巨匠の方から2点、
改善点が静かに発表されました。


それを土曜日、日曜日、月曜日とまたあれこれこねくりまわして創り直して、
今、こういう形に落ち着いています。



葉っぱが増え、蜂が付け足されました。

 


メインとなる花2つの位置や構造には変化がないので
前回見つけ出した雰囲気には変わりがありません。


はぁ、これでちょっと数日寝かしてみて、
数日後また見た時にちゃんと綺麗と思えるかどうか、
それを試してみます。


それではみなさま、
もうすぐ夜ご飯の時間かな?

こちらはお昼ご飯の時間を迎えます。

ゆったりとして夜の時間をお過ごしくださいませ〜


Hiromi

 

頭の中では建築中:あと26日





【 I am dreaming of having own work space! 】

〜 Don't need to be big, but need to be peaceful. 


 

こんばんは。

最近の、間食のお供は味のりです。

時には手巻き海苔だってバリバリです。

決してひもじいわけではございません。

好きで食べているのです。

決してひもじいわけではございません。



どうもHimojiいやHiromiです。



 



 

いやぁぁぁーーーー

気付いてたけど、残りあと1ヶ月を切りました!

初めの1ヶ月は結構長くて、

次の1ヶ月は短くも長くもなくて、
じゃあ3ヶ月めはどうだったかというと、
これもまたやはり短くも長くもなかったです。

私以外のみんな(こちらの国の人も日本の家族や友達も)、

「4ヶ月なんてあっという間だよ」なんて言っているけど、

ハッキリ言って今迄私が「ワー凄いあっという間!」と感じた事は一度もないです。


 

楽しい時間はあっという間に過ぎると言うぐらいだから

今回この滞在を楽しんでないことになるのかというと、
そうではありません。
楽しんではいます。



 

ただ、なんというか、

良い意味でもそうじゃない意味でも、

生きているあらゆる場面で当たり前の事が当たり前じゃないこの環境。

ザザーーとズッコケさせてしまう事もズッコケる事も多々ありまして。。。

その一つ一つを、次のズッコケが起こる前に自分の中で上手く処理しきれないのでございます。

処理しきれないばかりか、たまに濃縮してしまう時もあり、

最近は慣れてきて大丈夫だけど油断は禁物です。
 


 

だからか、今迄特別に何とも思っていなかった日本の環境、文化、言葉、生活などが、
如何に自分の平常心を支えていたかを今回とても強く感じています。

というわけで最近あらゆる場面でこちらの国の方達から、

「帰国まであと1ヶ月だけど、どう?帰りたくないんじゃない?」

という若干の誘導尋問を受けるので、礼儀として一応

「はい帰りたくないです」と言うのですが、本心は勿論、
「また来たいです。だからとりあえずは絶対に帰ります。」

です。

いや、誰も引き止めてはないですけどね(笑)



 

Anyway,

そんな風に3ヶ月とちょっとを過ごしてきた今、

不思議とどんどんアイデアが湧いてくる時期を迎えています。


 

ポップアップだけじゃなくて生活とか暮らし方とかについてもポンポンと出て来るので、
ノートにひたすら書き留めています。


 

その一つに”仕事場”。

そう、いつか、大きな家とか大きなスタジオじゃなくて良いので、

「小屋」みたいな仕事場を何処かに建てるのはどうかな、
というアイデアが浮かびました。


 

しかもこんな感じのイメージで。



 


デジタルとアナログの作業スペースを分け、
それぞれに必要な機材を配置、陽の光を取り込めるように窓は大きく、
外壁にはクレマチスとかの蔦系の植物を思う存分に這わせたいです。




頭の中ではもうだいぶ建ってきてるんですが、
場所とか材料とか、そもそもどうやって建てるのかとか、
そういうのは追々時が来たら考えます。






そういえば話は変わりますが”時が来たら”と言えば。




だいぶ前に作りかけで中断していて、
時が来たら制作再開するとしていた”百合”。

 

先日、「え?こんな風に折ってもポップアップって成り立つの?」っていう、

目から鱗が落ちるほどの前代未聞な型紙、それによる動きを目にしまして、

それが百合になり得るんじゃないかと思いついたので只今検証中です。



と同時に凝り固まった自分のポップアップの考え方、
改めないとナ。




 



 


さて今日は霧のような雨。寒いです。
ニットの長袖です。
こんな日は家でまったりと日記を書いてから、
創ったり作ったり、
浮かんだアイデアをノートに書いたり、
おこづかい帳を書いたりします。


というのもね、昨日ね、
「つけてる?」
っていうおこづかい帳確認メールを受信したものでね。。。


あーー気が進まないなぁ〜
寒いなぁ〜




Hiromi

 


夜9時でもこの明るさです:あと33日



【 SEE YOU THEN. 】
〜 the rising moon and the setting sun 〜



 

おはようございます。

みなさん週末はゆっくり過ごされましたか?
私は殆ど机やパソコンに向かう週末を過ごしました。

2日間連続で普段以上に集中した為、
ウィークデー中に完成しきれなかったデータをやっと作り終えた時には
グウウと背伸びしながら「やった出来た。。。」と喜びを噛み締め、
その後ちょっとは休めば良いものを自分の余力を過信して
この勢いで次のデータ作成に移ろうとしたもんだから、
何か変に高いテンションのままデータをいじっていると、
どういう訳かさっき完成したばかりのデータ内容を全消去した上で上書き保存してしまい、
顔面蒼白になったのはつい2時間程前の話。


2日間作業した内容が走馬灯のように浮かび、
それらを今からもう一度やるのかと思ったらゾッとしました。


でも、なんと3時間前のかしこい私は完成直前のデータをUSBに保存していて、
その事を30分かけてやっと思い出した1時間半前のアホな私は九死に一生を得ました。

 

あ、どうも、3時間前はかしこかったHiromiです。


 



今日も大したことは書かないのですが
ふと思ったことをメモ代わりに。


昨日パソコンの作業の後に散歩に出たら、というか、
昨日だけじゃなくよく動物が道端で死んでいるのを見かけるのですが、、、、


この”死ぬ”という言葉、
動物には使うけど植物にはあまり使わないなぁと、ふと思ったのです。


そこで、
なんで植物には死ぬってあんまり?殆ど?使わへんのやろうと色々考えてて、
じゃあ植物にとって死んだ時ってどの時かを考えたら、


いいところまで行ったけどやっぱり全然答えが出ませんでした。



とにかく、ものすごくざっくりですがなんか、
植物は種から始まって種に戻ってまた種から始まるっていう、
死なずに途切れなく巡っているイメージが(私には)凄くあって、


それを人間も含めた動物にもあてはめて考えてみたら、
動物もやっぱりどんな形であれ巡ってるのだろうなと改めて思えてきて、


そう思いながら夜の散歩中、昇る月と沈む太陽を同時に見たら、
やっぱ何でも巡ってるということなんだな!と自己完結し、
もうこれ以上は今日のところは脳みそがいっぱいなので
深入りしないでおこうと決めました(笑)



なので写真はその時に撮った写真数枚をパソコンで繋ぎ合わせて作った、
昇る月(左の明るい点)と沈む太陽(右の明るい部分)です。


だから、
さよなら、またね。です。


 


なんて、こういうことをひっそりと考える時もあれば、
空とか月とか見る発想も無く閉じこもってすさんでいる時もあり。

むしろ、数日前のすさみあってこその昨日のこの月!
ということにしておこう(笑)


今日は以上です。


Hiromi時々Susami

 

アイリスのつづき:あと38日



 

【 "WHAT" and "HOW" can I use myself for the world ? 】

〜 thinking with seeing the beautiful sky 〜



 

こんばんは。

といってもこちらはまだお昼です。



 

今朝6時半ごろ、
まだベッドに居る時に部屋のドアが勝手に開いたのでビックリして起き上がったら、

ドアのとこで飼ってる犬が座ってました。



 

吠えるでも無く、部屋に入るでも無く、

座ってただただこっちを見続けてました。





無言の圧力に根負けして起きました。




別に遅起きでも無いのに……、

今日はどしゃ降りの雨やし散歩行けへんのに…、Hiromiです。





 





 

最近、以前より少し落ち着いてきたのと

私自身の気持ちも落ち着いてきたのと

手を動かしたくてうずうずしたのが合わさったので、

ここ2日間の自分の時間はアドレナリンに任せてアイリスの制作の続きをしていました。


 

犬と散歩に行くと

近所の庭に咲くアイリスもそろそろ折り返し地点過ぎたなぁと感じるので

焦っているのもあります。


確か以前はアイリスの花を1輪にするか2輪かで迷っていて、

実物を観て雰囲気で考える、というところで終わっていたはず。


 

なので実物を観てみて、じっくり観てみて、、、、、

結局こういう戦略でいくことにしました。



 


1輪のアイリスに咲いている花2つ、蕾2つ、
葉っぱは成り行きで最後に決める。


前回の状態から花を2つに増やし夫々の位置が決められたら、
後は流れに任せるのみ。



 

つまり、
このアイリスの2つの花が携えているだろう蕾と葉っぱを
数あるパターンから見つけ出す、という作業です。


 

マスターみたいに仕掛けが調和していくのを頭いっぱいにイメージしながら

葉っぱの角度や幅、丈、蕾のほころび具合、位置を決めていきます。

”決めていく”というか、

元々そこにある、けど見えない蕾や葉を感じ取って、

それを目に見える様な形にする。

そんな作業をしてるみたいに今回感じました。




この不思議な感じ、去年アイルランドから帰る飛行機の席が隣で話した、

ウィーンのピアニストの子が言ってた事と同じなのかな?


2014年1月19日の日記:芸術の定義


 

なんて。


 

そんなこんなで最終的に花は2つ、蕾は2つ、葉っぱは4枚という姿を現した私のアイリス。


 

夜中に作業を終え寝る直前に撮ったので暗過ぎ(笑)



 

まだ蕾の形に少しの違和感を感じているので

そこだけ修正したら次は型紙の精製にいきたいと思います。



 

がんばって帰国までに型紙を精製させて、マスターに見てもらうぞ。


 

というわけで今日の日記はこれで終わり。
写真は夕方の散歩の時に見た空。


 


色んな事を考えたり何も考えなかったりしながらの、
日暮れの散歩(※犬は家において一人で)が好きです。

Hiromi


我が家の相談窓口:あと41日




 

【 Stories about what I was surprised. 】

〜 She is my personal organizer---! 〜



いやーーーービックリした。たまげた。
という話。





 

一体何ビックリなのかというと、
 

「この度は◯◯をご利用頂きありがとうございます。
6月9日発、羽田ー宮崎間の航空チケットの決済が完了しました」

っていう、知らない旅行会社から心当たりの無いPCメールを受け取ったことによる
恐怖のビックリじゃなくて、




「なんか、こんなメールが来たねん、、、めっちゃ怖い…」

って真ん中の妹にメールで相談したところ、


 

約20分後、

「今、旅行会社に(公衆電話から)電話して調べてもらってる」


 

その約40分後、

「解決。詳細はまたメールする。」



 

そしてその後受け取った旅行会社誤請求についてというタイトルのメールの、

この騒動の経緯・決済の有無・今後の注意点等のまとめっぷり、

&問題解決までの迅速かつ丁寧な対応っぷりに対する
感動のビックリです。


 

妹っていうか、あれ?

業者さんにでも問い合わせしたかな私?

と思ったぐらいです。


 

妹よ、さすがです。ありがとう。

私にはその能力と機転は皆無ですかたつむり




 





 

さてここからは、

ポップアップの方はポップアアップの方でまたビックリする事があるなぁ

という話。

 



 

今度は一体何ビックリかというと、
 

2日前に「よし、出来た!」と思っていた型紙を

2日後である今日改めてチェックしてみたら、

改善点だらけだったという残念なビックリです。


 

2日前に見えなかったものが今はハッキリと見える事の喜びより、

こんな次元の事が見えてなかった2日前の自分にガッカリでビックリ。


「こんなんで”出来た!”なんて思えた2日前の自分、怖。。」と
改善点丸見えの型紙を手に、はぁ…と深いため息が出ました。


 


 

まぁでも、せっかく気付けたのでその見えた改善点を全部直したわけです。

そして改めて、「よし、出来た。今度こそ。」と思えたので、
その型紙を持ってこの道40年のマスターにチェックしてもらったわけです。

するとまぁなんということでしょう。

”一刀両断”という言葉を動画にしたら、

きっとこれ以上に分かりやすい映像は無いと胸が張れる程の光景が目の前に。

要するに、型紙のド真ん中がカッターナイフでズバッと切り裂かれました。


 

マスターには2日前の私なんか勿論、
今現在の私ですら何も見えていない”何か”がいっぱい見えているので、

手術みたいに型紙のお腹を切り開いた後は、
細かな部分が次々と微調整されていきました。


 

そしてこの間私は全神経を集中させて

手が入った箇所、手さばき、目配り、全部を凝視していました。



すると修正が入った所からどんどん型紙が生きて来るというか、

季節や温度、風や匂いや雰囲気とかが生じてきて、

ひと見開きの紙を纏う空間に別の新しい世界、一つの時空が生まれて来るのを
肌がしびれる程感じました。



このイメージをどんな風に表現したらいいか分からないけど今頭に思い浮かんだのは、
オズの魔法使いの映画で途中まで白黒だった世界に色がつき始めた時の様な感じです。



 

とにかく、
独立した一つ一つのしかけが周りのしかけと共鳴して新しい時空間を作れるようになるには、

マスターの居る遥か上の次元まで行かなくちゃ。



 

きっと料理とか仕事とか研究とか芸術とか、

あらゆる事にも共通すると思うのだけれど、

数ある技術のそのひとつひとつを習得するのって簡単じゃない。

けど、そのひとつひとつの技術を複数組み合わせてそこに調和をもたせるのって、
もっともっと簡単じゃない。




 

 

だからこそ、

挑戦のしがいがありますね。


 



 

さて、今日も結局上手くまとめられず長々と書いてしまったので
皆様の目を休めるためにも今日まで撮った写真を数枚載せて
日記を終わろうと思います。

まずは今いろんな家の庭で咲いている薔薇から。




赤、黄色、白、ピンクetc...
植物園に行く必要は全く無いです。






 

薔薇の他には待ちに待っていた菖蒲たちも色とりどりに咲いています。

 

薄紫×白の配色と大輪で真っ直ぐな姿が綺麗です。





葉っぱの幅とか違うけどこれも菖蒲?
花は上の菖蒲よりも小ぶりです。
こんな細い茎で真っ直ぐ花を支えてて凄いなぁ〜と感心。





と思ったらこちらはだいぶ斜めな花菖蒲?。
こういう配色もあるんだ!と、これはこれで感激。




 


そして他にも咲いています、こんな花たち。


 


以前から配色や花の構造が気になってる、ルピ。
この花の配色もたっくさんあります。

 






去年アイルランドでもよく見たエルダーフラワー。
これで皆さんシャンパンやワインを作ります。
この花の構造も気になってます。





名前は知りません。
これが花が咲いてる状態なのか散った状態なのかも知りません。
私には、女王様に見える。いや寧ろそれにしか見えない。



 

昨年も同じ様に感じたけど、
打ち上がっては消える花火をゆっくり眺めているかのようなこの季節。
どこにこんなに色んな花の種を隠してたの?と、
まず土が凄いなと思います。



そして咲くということは次は枯れ、散り、そして種を宿すことでもあるということ。
咲いている時だけが花ではありません。

というわけで以前綺麗に咲いていたこちらのクレマチスは……




薄水色のグラデーションの花が綺麗でした。
それが今は………





花びらが散り、なんか、書道家みたい。

 
どこにどんな形の種をどんな風に宿すのか、続けて観察しようと思います。



 
一方視界を広げて景色を見渡せばこの通り。


 
夜の20時位でこの明るさです。





夕陽で出来る木々の影が、広がる牧草地に伸びてます。
綺麗だし、独りで観るのもいいけど、
だんだん寂しくなってきます。





そんな私を見る牛たち。
近よれば逃げる牛たち。






そしてかわいいかわいいうさぎ。
白いしっぽの裏をぴょこぴょこさせながら駆けて巣に戻ります。





そういえば”かわいい”で思い出したけど
数年前に一番下の妹が創ったタイトル、自称「かわいいねこ」
というポップアップ。続編は、、、まだ?




因みに最近、食器の洗い物をしてて振り返ると
よく床に寝広がってる家の猫。
ちょっと似てるかも(笑)


 


まぁなにはともあれ自然がいっぱいの田舎での暮らし、満喫しています。
しかしやはりたまには車や電車に乗って街に出たり買い物することも超重要。
というわけで…




 
劇場にて人生初の生のミュージカルを鑑賞。
いつもより少し綺麗めな服を来て夜に出かけ、生の芸術を堪能しました。
観たのは有名な劇団による「ウエストサイドストーリー」。




 
歌って踊れるって、凄いなぁ〜いいなぁ〜
せめて踊れる様になりたいなぁ〜



そしてこちらはディスプレイが全てヴィンテージのカフェ。
壁には綺麗なレースが好みのウェディングドレス。


 
ここではオーナーさんが選んだヴィンテージ雑貨や服も売ってあったので
自分用とお土産を買いました。



 
週末は青空市場に通っています。
野菜、果物、肉、魚、花、アンティーク雑貨、本、
家具にアクセサリーや服 etc...
見るだけでも楽しいけど買ったらもっと楽しいです。


 

そして本日最初且つ最後の写真がこちら。
友達の誕生日のBBQパーティーで作るのを手伝ったケーキです。




メレンゲと砂糖で作った大きな器に、
生クリーム、チョコチップ、マシュマロ、キャラメルが
これでもか!っていうほどぎっしり詰まっています。

このケーキの未体験で衝撃の甘さも、最近ビックリした事のひとつです。



だから今日見た、”体脂肪率を測ったら79%”、という夢が正夢にならぬよう自律して参ります。
お母さん安心してください。いくらなんでもそこまでは太るつもりはないです。



というわけで前置き?が長くなりましたが、
我が家の相談窓口である真ん中の妹がケーキが好きなので
お礼の意味も込めて今回の写真はこのケーキにしました♪


それではみなさまよい休日を。


Hiromi


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【Let Me Bloom】50冊分製作中です。
    Hiromi
  • 【Let Me Bloom】50冊分製作中です。
    Midori
  • 即席置き手紙
    Hiromi
  • 即席置き手紙
    Midori
  • 本日のあれなこれ。
    Hiromi
  • 本日のあれなこれ。
    Midori
  • まずは見積もりから始めよう。
    Hiromi
  • まずは見積もりから始めよう。
    Hiromi
  • まずは見積もりから始めよう。
    Midori
  • 二日前の自分に問いたい。
    ひろみ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM