明日大阪行くの迷いませんように

 

入魂すべきところに集中できて、

質も上げて、

何よりつくり続けられること。

 

その為には

好きな人たちに、すごい日本の技術に、

頼れるところは頼る。

私は、量産の美学が成立するような設計をする。

自分が納得いけるような色を出す。

魅せ方を勉強する。

 

 

今週は大阪、埼玉、京都と、

いろいろな業者さんにお伺いしてみて

本当に私にそれができるかどうか

考えてみる週にします。

(と言ったそばから協力できずすみませんのメールが来てしまった、、!OMG)

 

 

とにかく今年色んな人に教わった、

「誰かとつくれること、頼らせてもらえること、

つくったものを誰かに手にしてもらえること」が、

どんだけ私が嬉しかったかを

これから形にして表現したい。

どこまでできるか、

伸びしろがあったとしても

伸び率はどん引くぐらい緩やかだろうけど、

とりあえずやってみようとはしたいと思います。

 

 

しかし今日は寒いですね。

みんな、風邪に気をつけてね。

お鍋とか食べてあったまってね。

 

ほんじゃまた!

 

 

裕美

 


コンテスト通過のお知らせ

 

 

おはようございます。

雨上がりの秋の朝ですねえ。

 

 

昨日は21時過ぎにはベッドに寝っころがっていて、

そしていつの間にかそのまま寝てしまうという

ロングスリーパーっぷりを発揮しました。

Hiromiです。

 

 

 

 

だって、大事なデータ作りがひと段落ついたのだもの!!!!

 

 

 

 

というのも。

少し前に日記に書いてたけど

なかなか審査結果が出なかった

アメリカのPaper-engineerとしてのコンテスト、

先日ようやく発表があり、

無事選ばれました!!!!!!

 

 

(詳細を書くとこのコンテスト、世界中のペーパーエンジニア(一体何人いるんやろう?)から参加を募っていて、選んだテーマに応じて規定の範囲内で設計デザインするというものだったのですが、晴れて最終26人のうちの一人に選ばれました!)

 

 

 

 

やった。。。!!!

 

 

 

 

 

自信があったとかじゃなくて、

ただただある意味初めから通るつもりでいたし、

不思議と当然のように(そして勝手に)そう気持ちが固まってたので

実際に結果が同調してくれて

本当に嬉しいしホッとしました。

 

 

去年の今頃、ボストンでのコンテストの落選で

気持ちがどーんと落ちてた(そしてボストンの夜道で泣いた笑)

私に教えてあげたい。。

 

 

 

 

で、選考結果と共に送られてきた資料を読むところ、

選ばれた26人それぞれのポップアップ作品はこれから

印刷・組み立ての工程に入り、

最終的には26枚セットの記念ボックスとして

個数限定で来年夏販売されるそうです。

 

 

 

他の受賞者に日本人が何名いらっしゃるのか分からないけど、

設計した時の私の気持ちとしては、

「日本人としての私の感覚全部を世界に魅せる」だったので、

それが伝わりますようにと念(良い方の)を込めつつ

つい昨日までその印刷用の最終データを作成していました。

 

 

 

途中、データ作成についての英語の説明が分からなくて

ただでさえPhotoshopがどうたらとかは苦手なために

「え?なに?なになにこれどういう意味?」とあわあわしましたが、

知り合いのデザイナーさんに分かりやすい日本語で教えてもらったり、

試し印刷しようとキンコーズに行ったら行ったで

用紙サイズを間違えた上にデータのミス発覚でだいぶ焦ってたところを

これまた店員さんが機転利かせて断裁とデータのフォローしてくれて、、、


他にも家族には応援してもらったし、

ハイタッチしてくれた人もいたし、

Let ME Bloomを買ったり気にしてくれた人たち、

そしてこの日記を読んでくださってるみなさまの

その存在を知れたことだけで

よいしょと頑張れた時間がどれだけあったことか。

 

 

 

ほんと、みんなの合作だと思っています。

 

 

 

というわけでこの合作作品のデータは

昨日夕方にアメリカに送信し、

(向こうは早朝の5時とかだったけど(笑))、

無事ダウンロードできたよっていうメールも

プロジェクトリーダーらしい人からいただけたので、

あとは細やかな調整すれば工程進んでいけるのではと思います。

 

 


 

 

 

まだまだこれからだけど、

とにかく一旦、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

さて、まだ少し眠いけど

これから別の設計がんばります。

 

 

みなさまよい1日を♪

 

 

 

裕美

 

 


対義語は"ライオンハート"らしいです。

 

 

ある程度のんびり過ごしていたGWのど真ん中、

ペーパーエンジニアに向けて開かれている

アメリカのコンテストへの参加お誘いメールが来ました。

締め切りは7月、応募数は一人2点だそうです。

正直メール見た瞬間、

「きたきたきたーーー」と思いました。

 

 

もちろん、

両手を挙げて応募します。

 

 

 

ただそのコンテスト、

どうやら応募する前になんやかんや事前の確認事項があるそうで。

なんだなんだとリンクしてある公式サイトに飛んだら

当然だけど全文英語の超長文。

それだけで変に物怖じした私は数日間、

これについて考えるのを放置しました。

 

 

 

チキンハートチキンハートチキンハートチキンハートチキンハートチキンハートチキンハートチキンハートチキンハートチキン

 

 

 

で、それから4日経ちすっかりGW明けての昨夜。

意を決してさわりだけ読解してまず判明したのは

なにやら応募が先着順で(え!)、

しかもそろそろ定員埋まりそう(えぇぇ!)

ってこと。

 

 

私が物怖じして貝になってるあいだ、

他のペーパーエンジニアさん達は続々と応募していたようです。

 

 

 

急がねば!!!

 

 

 

というわけで昨日の夜2時、

謎の空腹を堪えながら応募の申し込みをしたところ、

どうやらギリギリで間に合いました。

 

 

 

あの方やあの方も応募したのかな。

まだ6名ぐらいいけるらしいから、

誰か応募しないかナ。

 

 

 

とにかく海外のペーパーエンジニアさん達に紛れて、

日本の、私の、ポップアップをみせるチャンスです。

 

 

 

ものにしたい。

 

 

裕美

P.S 今日は綺麗な満月ですね


いや早く英語の課題しようよ私。

 

 

 

 

 

こんばんは。

こーんな時間にどうも、Hiromiです。

 

 

早速ですがこの写真、

今日の18時ぐらいの伏見稲荷大社です。

 

 

3年前のお正月に

行ったぶりの伏見稲荷を目の前に、

「え?伏見稲荷ってこんな感じだったっけ?」

と戸惑いを隠せないあまりに思わず撮りました。

 

 

何故って、外国人観光客だらけだったから。

日本人率が引くぐらい低かった。というかもう外国みたいだった。

日本人は群衆に一人二人紛れてるぐらいしか居なかった。

あーーーびっくりした。

 

びっくりするよねぇ?

 

 

 

なーーんて。

 

 

 

こんなこと書いてんと私よ、

今日中(0時まであと30分!)に

書いて出さないといけない英語の課題を

早くやればいいのに。

(2月から英語の勉強を始めたのです私。)

 

 

ねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 

あーーーーー、だって、

集中力切れたんやもんーーーーーー

 

 

Hiromi

 

 


ウェブサイトの写真を変えてみました

 

 

 

【 NEW TRIAL 】

〜 show bigger images in art page 〜

花の飛び出すしかけ,花のポップアップ

 

 

 

突然ですが

ケーキを売ってるから「ケーキ屋さん」。

お団子売ってるから「お団子屋さん」。

花を売ってるから「花屋さん」。

車を売ってるから「車屋さん」。

ですよね。

 

他にも

パン屋さん。

おうどん屋さん。

雑貨屋さん。

服屋さん。

 

 

 

お店とは、

「売ってるもの」+「屋さん」っていう

呼び方が当然だと私思っていました。

 

 

だからこそ、

こないだ一緒に街をブラブラしてたら友達が

曲がり角で不意に現れた美容院見て

ボソっと、

 

 

「あ、こんなところに髪の毛屋さんあるー。」

 

 

って言ったのには

その違和感に吹き出しました。

 

 

 

 

髪の毛屋さんて。

寧ろ髪の毛捨てに行ってるのに。

 

 

 

 

でも今これ書いてて気づいたけど

うちの家族は全員美容院のこと、

「パーマ屋さん」て呼んでる。

 

 

髪の毛屋さんとどっこいどっこい?

Hiromiです。

 

 


 

 

さーてさてさて。

昨日、新しい方のウェブサイトの、

作品画像の見え方を変えてみました。

 

 

 

 

まずは寄りの画像を表示。

全体写真はクリックした後に表示することに。

実際のページ

 

 

 

 

臨場感増すといいなと思っての試みです。

 

 

どうやろか。

 

 

Hiromi

 

 

 


しかけの研究とビジネスの勉強

 

 

 

【 GOT NEW POP-UP BOOK 】

〜 studying combination of mechanisms and business 〜

 

 

まったり〜な日曜をお過ごしですか?

ごきげんよう、Hiromiです。

 

 

ついこないだ私、

スマホを変えました。

 

今まで使っていたものについて

この2年間ずっと違和感があって、

使ってるのを見た友達からも

「それ似合ってへんなぁ〜」と言われ、

自分でもホント、他人事みたいに使ってた、

ショッキングピンク色のスマホを

遂に変えました。

 

 

回線もプランも総見直しし、

シャンパンゴールドで心機一転!

改めましてごきげんよう、Hiromiです。

 

 


 

 

しかしAmazonってすごいですね。

特別に早い発送手配をしたわけでもないのに、

ネットでピッて買った本が

昨日の今日でもう届くなんて。

 

 

 

中のしかけが知りたくて。

 

 

 

ポップアップで頂戴したお金は、

数日お仏壇にお供えしたあと、

ポップアップに使わせていただいています。

 

 

というわけで新しく注文した3冊中、

はじめに届いたのがこの

「GUESS HOW MUCH I LOVE YOU」の

ポップアップブック。

 

こういう、繊細な線の絵が好き。

全部を説明してしまわない、

派手じゃないしかけが好き。

 

 

どこを動かして、どこを動かしてないか。

 

 

話のなかで、

どのタイミングでしかけをもってくるか。

 

 

1ページに込められた言葉から

どんな心の動きをどんな動きで

どこまで表現するのか。

 

 

他の本にはない、

この本にある間合いというかリズムというか。

読み手が物語を進める早さを邪魔しない、

心地良いしかけの配りかた。

 

 

そしてパーツの貼り合わせかたで

いかに組み立てやすくしているか。

 

 

強度をどうやって保っているか。

 

台紙の貼り合わせの構造は

どのようにして効率化されているか。

 

 

 

そんな風に本を見ています。

 

 

 

ではではひきつづきみなさま、

よい日曜日をお過ごしください♪

 

 

ごきげんよう

(↑これって会ったときの挨拶の言葉?

さよならの時の挨拶の言葉?)

 

 

 

Hiromi


京表具展に行ってきました

 

 

 

 

【 WHAT IS "KYOUHYOUGU"? 】

〜 Deep deep world exist there. 〜

 

 

 

こんにちは。

 

 

物理に加えて暗算も苦手。

レジでお会計するとき、

お釣りをピッタリ5円or50円になるように払うの意外は

本当に暗算が苦手、Hiromiです。

 

 

その証拠にさっき

暗算で足して設計した型紙を組み立てたら、

ものの見事に30mm足りませんでした。

 

 

脳内筆算を思い返すとどうも、

”一の位足して十越した分を

十の位に繰り上げるの忘れないように!”

に気を取られ過ぎて、

そもそも十の位にあった数字を

足し忘れてました。

 

 

 

凡ミス!!!!

 

 

 

いつも電卓使ってたのに、

両手が塞がってる(パーツを押さえてた)のを機に

暗算に挑戦した途端にこれです。

 

 

 

電卓、使お。

使ってこ。

 

 

 

 

 

 

話は変わって前回の日記で

ウィーンの秋の風景を載せましたが、

ちょうど昨日、ボストンで会った救世主Chiachuさんが

「裕美が泊まったホテルの近くを通ったよ!」

と写真を送ってくれたので載せますね。

 

 

 

撮った角度が違うけど

私が行った時(9月16日)はこんなんで、

 

 

 

 

 

 

今はこんな感じだそうです。

 

 

 

 

 

街路樹が紅葉・落葉し始めているのが

赤煉瓦に映えてとても綺麗ですね。

雪はいっぱい降るのかなぁ。

そしてこないだ送ったお礼のプレゼントは、

もう届いたのかなぁ。

 

 

 


 

 

 

さてさて本題。

こないだの土曜日、

京都表具協同組合が開催している

「表美展」(http://www.kyo-hyougu.jp/hyobiten

というのが気になって観に行ってみました。

 

 

調べたところによると、

伝統工芸士や新進の作家さんたちによる

京表具の展覧会だそうです。

 

 

会場に入ると

見渡す限りの掛軸、額装、屏風。

 

 

そしてなんしか来場者がみなさん、

伝統工芸士さんなのか画商さんなのか

とにかく高貴な感じの方ばかり。

 

 

そういえば掛軸のところでは

片岡愛之助さんの作品?が

あったような違うような。

 

 

そんな場違いな私だったけど、

自分の作品を製本する時を思い出しながら

ひとつひとつの作品をじっくり観て、

「この配色、構図、粋だなぁ」とか

「次はこんなのつくってみようかな」とか

「こんな風に綴じるのもありだな」とか、

本当に心地よく感化されて帰ってきました。

 

 

 

今まで京表具のこと全然知らなかったけど
こうやって、伝統ある京表具の芸術の世界が

云千年、云百年も前から存在しつづけるんだなぁ。

すごいなぁ。

 

つくるのも、面白そうだなぁ。

 

 

 

 

 

というわけで別ブースで開催されていた

山崎商店(http://kyotowashi.com)さんの京唐紙刷り体験、

場違いな自分を一旦忘れて

お着物な大人女性に混じってやってきました!

 

 

 

小学校の机ぐらいのサイズの木型に

染料を塗って和紙にスタンプ✖️2回。

 

 

 

 

実際の各工程の所作も出来上がった唐紙も、洗練されていて美しいです。

角度によって雲母が光るのも本当に綺麗。日本人で幸せ。

 

 

 

なんか、思いつくこといろいろ。

ちょっとノートに書き出してみよう!

 

 

 

ではまた。

 

 

Hiromi

 

 

 

 

 


作品発送用のケースが届きました

 

 

【 ORIGINAL BOX FOR MY POP-UP WORKS 】

〜 Will send my work to America soon 〜

 

 

おはようございます。

新しい週が明けましたね。

 

昨夜全然寝付けなかった上に

いつもより早く起きて作業を始めたので、

まだ9時半だけど

朝が長いので既にかなりの充実感!!!

 

 

そしてなんていったって

こないだ注文していた

オーダーメイドの段ボールケースも届いたし❤️

丁度のサイズで嬉しさ倍増!

 

 

まだ公にはできていないけど、

個別に依頼してくださった作品は、

これからはこれに入れて発送します。

 

あー楽しみ。

早くこれに入れて送りたい。

もっとつくってもっと送りたい。

 

 


 

 

というわけで肝心の送るモノ。

 

 

本日製本後の寝かせの期間が終わり、

秋の朝陽の心地よさに手伝ってもらって

写真撮影を行いました。

 

 

 

 

 

前より綺麗に撮れたので、

この写真をHP用として使うことに。

 

 

そして近づいた写真も撮ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

普段サイト用の写真を撮る時は

白色バックに照明を足したりして撮影した上に、

掲載前は画像をちょっと加工するのですが

(明るさやコントラストの調整)、

朝陽そのままに自然な感じで撮ったのがこちら。

 

 

 

 

 

化粧っ気がなくて

これはこれで綺麗だなぁ。

(自分で言うのもなんですが。)

 

 

 

依頼者の手元に届くのは26日。

 

 

喜んでもらえますように。

 

 

Hiromi Takeda

 

 

 


複製本5冊、製本終了!

 

 

pop-up art

【 5COPIES HAVE BEEN DONE FINALLY! 】

〜 Pucking up as soon as possible! Speeeed! 〜

 

 

 

こんにちは。

 

今日はこれから

野比のび太のび太、いや

伸び伸びた髪の毛を切りに行って、

そして作品を納品して、

それから

荷造りしなきゃ、荷造りしなきゃ。

 

 

と同時進行で

歯医者さんで歯のクリーニング、

美容院で髪の毛切って、

あとは一気にテンション高めるべく

睫毛を付けたりしなくては。

 

 

 

しなくては!

 

 

 

というわけでつまりはやっと、

アメリカに持って行く用の

Sensible Flowersの複製本5冊、

製本し終えました。

 

 

1冊製本するのと5冊同時に製本するのとは

思ったよりも単純ではなく、

次への課題盛り沢山です。

 

 

 

何するにも課題ばっかりだなぁ。

 

 

 

 

 

あらやだもうこんな時間。

 

ちょっと私、

結婚記者会見の時のオダギリジョーみたいになってるので

急いで髪を切りに行って参ります。

 

 

ではまた!

 

 

 

Hiromi

 

 

 


お題:「電子辞書のつくも神はどんなだ」

 

 

pop-up artist book

【 SENSIBLE FLOWERS 】

〜 I think these books would be heavier than its physical weight...〜

 

 

 

 

いけない、いけない。

 

 

今、日記のタイトルの英語を考えるのに

電子辞書で単語を調べてたんです。

 

 

で、その電子辞書、

私が高校の時から使ってるものなので

かれこれ15年以上使ってることになるのですが、

今や首の皮一枚改め、

セロハンテープ十数枚によって

かろうじて配線が繋がってるという

ギリギリの状態です。

 

 

 

 

わざわざ見るに値しないほどのバキバキ具合。

赤丸印のところが両方割れていて、中の配線も危ういです。

既に半分つくも神になってると言っても過言ではないでしょう。

 

 

 


 

 

というわけで突然ですがここから

脳みその休憩時間に入ります。

=妹のユカによるイラスト大喜利。

 

 

 

お題:「この電子辞書のつくも神はどんなだ?」

 

 

 

約15分後出てきた答えがこちらです。

どうぞご査収ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

回答その1.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

回答その2

 

 

 

 

 

 

 

 

脅威のバランス力を保ちながら這うなまけもの。

それがなぜだかどうして

電子辞書のつくも神と化した回答1。

 

 

そして続くは

装備は冬仕様なのに何故か短パン、

時代遅れの電子辞書を背負うのは

開発者のおじさんだろうか。

 

そんな神の視線の先には一本の缶。

気になる中身は

「このつくも神が好きなポッカのコーンスープ」

だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

へぇ。。。。。。

 

 

 

 

そんなことより私は、

このおじさんの膝裏の皮膚が

ちょっとたるんでるところが

とても嫌です。

 

 

 


 

 

 

はい。話がだいぶ脱線しましたけど

私の日記はまだまだ続きます。

 

 

まぁ辞書がボロボロなのは関係ないとしても、

なんしか型が古いわけです。

 

 

当時は電子画面ってだけで

「わぁお!」って思ってたのにね。

「もうあの重い辞書を持ち歩かなくていいなんて!」

って思ってたのにね。

 

 

 

 

それでね、そうそう。

なにがいけないって思ったかって、私、

英単語の説明の続きを見るのに

思わず画面をスクロールしかけたんです。

 


スクロースしようとする人差し指が

電子辞書の画面に

触れるか触れないかの寸前で、

 

 

 

「!!!!!これスマホじゃない!!!!!」

ってなって、

そしてなんだか自分が怖く恥ずかしくなって

すぐに指を引っ込め、

いま自分がしてしまった事実を

無かったことにしたかったのか

気づいたら両手を力強くグーしてました。

 

 

 

 

 

 

 

危険。

これは危険。

 

 

慣れって恐ろしい。

 

 

 

 

 

 

私がもしこの電子辞書やったら、

今どんだけ傷ついたことか!!!

 

 

 

てことは、、、、、

つくも神おっさんに、

絶対嫌われた!!!!!

 

Hiromiです。

 

 

 


 

 

 

さーてさてさて。

 

 

The Movable Book Society主催、

アーティストブックコンテストの

最終審査日が近づいてきました。

もうあと10日を切りましたね。

 

 

それに向けて私は今、

Sensible Flowersの

複製版を5冊つくっています。

 

 

 

 

 

工程としてはまずは、

印刷して切って折って組み立てる。

ここまでは緊張するけど得意です。

 

 

 

 

 

一番小さい、直径3mmの丸形パーツが

不意に一瞬無くなって、冷や汗噴出。

 

 

 

問題はここから。

 

製本する為の下処理、

台紙どうしを真っ直ぐに貼り合わせたり

厚紙の断面に色を塗ったり、

表紙用の厚紙や紙の下準備をしたり。

 

 

これらはポップアップの制作に比べると

やり始めてから日が浅いので

時間も気力もすごくかかります。。。

だからちょっとひと作業するのだけでも

なんだか疲れてしまう。。。

 

 

 

 

2mm厚の厚紙を一気に35枚切ったからか、

カッターを持つ人差し指と親指だけが

痺れが切れるという初めての経験をしました。

 

 

 

とはいっても

好きで念力込めてつくった作品、

ただ無気力で複製作業するわけではなく、

同じだけの熱量(種類はちょっと違うけど)をもって

つくっています。

 

 

 

今の進捗状況でいうと、

中身は全て貼り合わせ、

断面への彩色も終わったので

いよいよ今日は

ハードカバーを装着しようかな

というところです。

 

 

 

 

 

 

 

ではでは、

みなさまいろいろ仰りたいことは沢山でしょうが、

さっきまでゴロゴロいってた空も落ち着き、

雨も止んだようなので、

私は窓を開けて制作に入るとします。

 

 

 

 

みなさまよい1日を!

 

 

 

 

 

 

 

 

Hiromi Takeda



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 腹痛スタート
    HIROMI
  • 腹痛スタート
    Midori
  • お風呂前に。
    HIROMI
  • お風呂前に。
    MIDORI
  • コンテスト通過のお知らせ
    Hiromi
  • コンテスト通過のお知らせ
    Midori
  • 【Let Me Bloom】50冊分製作中です。
    Hiromi
  • 【Let Me Bloom】50冊分製作中です。
    Midori
  • 即席置き手紙
    Hiromi
  • 即席置き手紙
    Midori

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM