年内には行っておくれ。

 

 

 

yuka's illustration

【 MIRROR, MIRROR ON THE WALL...

〜 Who is this woman look like me but isn't me. 〜

 

 

 

こんにちは。

 

普段張り切った料理はしないのですが、

13日の私的記念日を祝して

豚フィレ肉の塊を長時間料理したら

なんか凄く上手に美味しくできました。

こりゃ幸先いいなと思ったら、

幸先いいついでに見ようと思ってた

昨日のスーパームーン、

ちゃっかり見逃しました、Hiromiです。

 

 


 

 

今日は

もしかしたら今後

あなたの身にも

起こるかもしれない、

こわぁいお話を。

 

 

というのは

妹ユカが友人と二人で

サイクリングをしに

しまなみ街道へ行ったときの話。

 

 

夏の暑さもようやく収まり、

少し冷たくなった秋の風吹く休日を

アウトドアに過ごそうと、

二人は旅行の計画を立て、

しまなみ街道へと行きました。

 

 

出発地点である今治で自転車を借りた後、

尾道方面へ向かう前に

ちょいと腹ごしらえと、

漁師さんが営む海鮮丼屋にて

二人はタコ天丼を食べたそうです。

 

 

「美味しいなぁ〜」

「うん、美味しいなぁ〜」

 

 

地元獲れたての、

揚げたてのタコ天。

 

 

ところがこれこそが

今回の騒動の元凶。

これが妹にとって

人生最後のタコになるなど

誰が予測できたでしょう。

 

 

そう、

腹ごしらえを済ませ

さていよいよサイクリングスタートという時、

妹の体内では遂にタコアレルギーが発症。

 

 

まずは瞼の腫れ、

そして顔全体、手足の腫れ。

自転車を漕ぎ始めると共に

ひとつひとつ明らかになる症状。

 

 

「なんか、

目が開きづらい、、、

前が見えへん、、、

しんどい、、、、、。」

 

 

瞼の腫れにより狭まる視界、

突っ張る頬、

ハンドルを持つ腕は

見れば見るほどに水ぶくれる。

 

 

『もしかしたら

これからもっと酷い症状が出るかもしれない。。』

『とりあえず自転車を降りて、

安静にできる場所を探さな。。。』

二人はそう思ったそうです。

 

 

そうして

時速2キロほどのヨロヨロ運転で

ようやく辿り着いたのは、

楽しみにしていた旅先で

とんだハプニングに遭遇するという気の毒な友人が

慌てて探してくれた一軒のコンビニ。

 

 

 

すぐさま状況把握するため

トイレに入る妹。

 

 

 

そしてそこで見た、

鏡に映った自分の顔が

今回の旅の一番のハイライトだそうです。

 

 

何故ならそこに映っていたのは

自分なはずなのに自分じゃない、

自分風の見知らぬ女。

 

 

 

 

ど な た....?

 

 

 

 

 

 

鏡に映った他人のような自分の顔を見て

思わず吹き出した妹。

 

その後大量の水を飲んで毒素を出し

安静にしていたのが功を奏したか、

だんだんと症状も落ち着き腫れも引き

サイクリングを再開したそうであります。

 

 

帰宅した妹の旅の感想は

「サイクリング終わった後に食べた

尾道ラーメン、めっちゃ美味しかった!」

「そんであの時の私の顔、

めっちゃ面白かった。」

 

とのことでしたが、

そんなお土産話どーーうでもいい。

とやかく言わずとにかく早く、

アレルギー検査しに病院行ってください。

 

 

 

思い返せば

外食でタコ食べて

軽く体調崩した経験が

ここ2、3年で数回。

ちゃんとした予兆があったのに、

旅先のテンションで

うっかりタコ食べたせいで

騒動に巻き込まれた友だちが

不憫でならない。

 

 

 

みなさまも大人になって

突然発症するアレルギーには

充分お気をつけください。

 

 

お姉さんからは以上です。

 

 

 

コンニャクアレルギーになりませんように...Hiromi


ペンタブレットを買い与えた優しい姉、それは私。

 

 

 

yuka's illustration

【 THIS IS THE REAL 】

〜 She already gets accustome to using Pen tablet !〜

 

 

 

 

化粧。

それは白粉や紅などをつけて顔を装い飾ること。

 

 

道なき道を行くように、

眉なき所に眉を描き、

色悪しき所に色を乗せ、

まつ毛は長く、目は大きく。

 

 

薄化粧の方が良い時もあれば、

しっかり化粧しておくべき時もある。

 

 

大人の女性としては

TPOに合わせて化粧を自在に変えられる、

そんな人になりたいなと

かくゆう私も思っているわけであります。

 

 

 

さて化粧といえばこないだの夕方、

洗面所で化粧落とし真っ最中の妹を見て

ギョッとしました。

 

なんでギョッとしたか。

 

 

その状況を、

誕生日にプレゼントした

ペンタブレット(PCの画面でデジタルで絵を描く道具)を使って

表現してもらいました。

 

 

それがこちらです。

 

 

 

元々の目は寧ろ大きい方なのだと思うのですが、

化粧するとしないとでは明らかな眼力の差。

 

 

化粧で顔の印象が変えられるのは

既知の事実。

 

 

だけどこんなにも違うのか!と、

20うん年見慣れた顔でも

ちょっとビックリしました。

 

 

ま、こんなことはよくある話で、

それよりもやっぱり

イラストのこの感じがなんとも言えないな、

というのが今回したかったお話です。

 

 

 

おまけイラスト2点もPCメールに送られてきました。

まるで鉛筆で描いたみたい。

   

 

 

 

とにもかくにも、

真面目に練習して、

誕生日プレゼントを

楽しく使ってくれていて嬉しい限りです。

 

 

 

10/26日:ペンタブレットで絵を描く練習の成果。

 

 

 

え?

 

 

今日はこれで日記終わりです。

 

 

みなさま良い一日を!

 

 

 

Hiromi

 

 


まきびしまきびし




yuka's art
【  MAKIBISHI MAKIBISHI 】
〜She got inspiration from Sunday's cross word.〜



みなさまこんにちは。
GW真っ只中ですが、
いかがお過ごしですか?


普通に10連休の人もいるでしょう。
GWだからこそ連勤中!
という方もいはるでしょう。


今日はそんななか
この日記を見てくださってるアナタに
脳みその休憩をご提供。


つまりは
妹であるユカ(ハリポタ狂)の
落書きをご紹介します。



題しまして「まきびしまきびし」。








 


。。。。




詳細を見ていく前に調べてみると、
まきびしとは以下のような物のことを
指すようです。

 
撒菱(まきびし)
忍者が用いる道具のひとつ。逃げる途中にばら撒くことで追手に怪我を負わせる、またはそれを踏まないようにするために追手の速度を落とさせる効果がある。菱の実、あるいはそれを模した三角錐の形状をしており、基本的にどのように置かれても、刺が上を向くようになり、追手の足を傷つけるように出来ている。(by Wikipedia)



ではさてそのまきびしをまき散らす、
ユカの世界での忍者とはいかに。




 



えぇ、えぇ。
わかりますわかります。
違和感がおありでしょう。




僭越ながら私からまず言わせていただくと、
私の記憶が正しければ、
確かほとんどの忍者の頭部って
目以外は隠れてる。


でもコイツはなぜか
♯柄の全身タイツ(袖なし)を着用。
顔全部出てる。


それに
”極秘に撒いて追手の意表を突く”
ってところがまきびしの最たるポイントなのに、
撒くとき自ら
「マキビシ マキビシ」って、
言って、お知らせしてもうてる。


で、そんなエセ忍者が撒くまきびしは
言葉通り過ぎて逆に嘘みたいな、
一点の曇りもない菱型で、
限りなく平たそうだし、
その痛くなさそうなまきびしが入ってるのは
変な壺型斜め掛けバックで
逃げ去るとき邪魔そう。





一方、
こんなふざけたまきびしを
撒く方も撒く方なら
踏む方も踏む方で。

 



忍者をよく知らないなりにも
私がイメージしてたまきびしは、
撒きやすく見つけられにくい掌サイズ。


でもコレ。
さっきは気づかなかったけど
このまきびしは巨大。
自分の足よりも大きなまきびしを踏んだ衝撃で
長いざんばら髪が完全に逆立ったとしても、
それは納得のリアクション。


 


ただ、そんな大きかったら、
踏んでしまう前に見つけろよ。
と、私なんかは思いますけどね。

見えてたやろ、と。

わざと踏んだんちゃう?とも
疑ってしまいます。

私の悪い癖です。
すみません。




で、本当のところはどうなんだと、
人物設定をユカ本人に聞いたところ、
イテッてなってる人は江戸の殿(裸足)で、
その横でハハァ――ッてなってる人たちは
家来だそうです。


殿なのに何故ざんばら髪なのかと質問すると、
「江戸の殿の髪型が分からんかった。」
だそうです。


分からんかったにしろ、
ざんばらではないやろ。
家来が髷結えてるのに
殿がざんばらはないやろ。

家来、結うてやれよ。
(裸足のまんま城から出てしもてることにも
ちゃんと気づいてやれよ。)





というわけで改めて、
「江戸の町に、まきびししてまわる忍者図」
をどうぞ。


 


 

みなさまも、
このような自作自演タイプの
忍者とバカ殿に出くわさぬよう、
GWの外出時は充分にお気を付けください。

私の見立てでは、彼らはグルです。
後で何かしら請求してくる系です。





で、ここからは愚痴ですが、
今回妹ユカのイラストを日記に載せるにあたり、
私は大変な労力を費やしました。

なんでって、
このイラストには
あまりにも不要な背景が多かったから。


 


日曜日の朝刊。
何からインスピレーションを得たか、一目瞭然。




背景の文字消しをがんばった私を
誰か褒めてください。
 




では残りの休みを
みなさま存分にお楽しみください。


またねーー



Hiromi


【妹作】紙刺繍ポップアップカード第二弾





【  HOPE HER INVESTIGATIVE SPIRIT IS STILL LEFT.  】
〜 I swear that she'll change her target of curious shortly.  〜


 

こないだの日曜・月曜の二日間、
仕事と遊びをくっつけて名古屋に行ってきました。


人生で4度目の名古屋にして、
今回初めてちゃんとしたのを食べたひつまぶし。


味は想像してたより美味しくてびっくり!
普通に食べるのと・薬味を載せるのと・薬味の上からお出汁かけるのとあったけど、
薬味を載せるのが一番好きでした。
一時間ぐらい並んだ甲斐がありました。


滞在中はその他にも
ミソカツや天むすや台湾ラーメンも食べました。


ミソカツ(&味噌煮込みうどん)以外はまた食べたいです。







どうも、素材の味に圧勝系の料理はあんま好きくない、Hiromiです。


 




さて今日は妹の作品紹介をします。

前回につづき今回も
紙刺繍&ポップアップを使った誕生日カードです。


しかけは少し高度に、
製作順序は相変わらずまだ要領を得ない感じで出来上がったのがこちら。

 




なぜか何度試しても画質が荒くなるんだよ...



 
台紙を開くと真ん中の丸い部分が回転しながら立ち上がってくるしかけです。
もちろん、真ん中部分には紙刺繍。


この誕生日カードは、
留学していた時に散々お世話になった友達SUEさんに贈ったそうです。


身内の私が言うのもなんですが、
おじょうず。


しかけに対するアドバイスや手直しは求められても一切無視したので(笑)、
だいぶ頭を悩ませて作りあげた分、愛着も込めた気持ちも倍増だったと思います。



姉としては、「これでやりきった!」ではなく、
このままもっともっともっともっと上手くなって、
一緒にポップアップで面白い事ができるようになってほしいです。



 


そしてそして私のポップアップはというと、
こないだまでとりかかっていたポップアップの仕事が
ようやくひと段落しそうな感じなので、
創りたいものがふつふつと湧いているところです。

まずはつくりかけの”花菖蒲”を完成させたいし、
”アマリリス”や”藤”、”時計草”とかもやりたい。


ただその前に帳簿のことをしたり、
それよりも前に新しくするHPの内容を詰めないといけない。


なのにむちゃくちゃ眠い。




どうしよ。

そんな感じです。


Hiromi

妹作、なぞの誕生日カード





【 MY SISTER'S NEW POP-UP CARD 】
〜 I have absolutely no idea what this hairy monster is. 〜


 

こんにちは。
どうも、てんやわんやのHiromiです。

今日は、先日妹がせっせと作っていた
ポップアップのバースデーカードを紹介します。


表紙はこちら。
マイちゃんという友達に贈る誕生日カードだそうです。

 

あまり見て分からんかもしれませんが、
MAIのところとHAPPY BIRTHDAYのところ、
そしてパーティー帽のフリンジ?のところに
紙刺繍してあります。



で、中身は初めの写真と同じ、こちら。

カードを開くとドアの向こうから
毛むくじゃらが風船と共に覗き出て見てきます。



紙刺繍や毛糸、水彩画に画用紙、
持てる借りれる全ての画材や材料を駆使した渾身の一作。

持った感じは一般的なカードの重みをはるかに超えています。
とにかく、イメージした完成像に近づけるため、
また、悪しきものを隠したり補強したりするため
なんやかんや貼りつけてあるので納得の重み。
貸したボンドがえらい軽くなって返ってきたのにもまた納得。



でも中面だけに関して言えば、しかけと場面設定が調和していて、
全体の雰囲気もすごくいい感じなのではないでしょうか。

 
 

 
それでは、てんやわんやの私は業務に戻ります。
お昼までに一区切り、つきますように。




では〜



 


家政婦は見た、的な。

 
Hiromi


 

平和?な日曜の朝





【 WATASHI NIHA ◯◯ SHIKA NAI ? 】
〜 This is scribbled by my sister.〜






今朝、先に起きていた妹と
後で起きてきた私の会話。




「おはよーーー」
「おはよーーー」




窓から通る風が涼しくて心地よい朝。





すると妹が、
起きてすぐ新聞に書いたという落書きを指差して言う。




「お姉ぇちゃん見てコレ。」
「なにコレ。」







 私には歌しかない子さん!








「歌うの好きって感じやろ?」

















「………で、(10月の)誕生日プレゼント何が良いの?」




「足首(のくびれ)。」














謎な会話で始まった陽気で平和な日曜日。

歌しかない子さんの歌唱力について真偽の程は不明だけれど、
まぁほんとに歌が好きそうでなによりだし、
プレゼントの要求も意味不明でなにより。


こういうのに対しては
無駄に頭を使わず適当に流すのみ。





さぁ嬉しい休日の始まりだ。
皆様素敵な週末を♪




Hiromi
P.Sもし
足首のくびれを売ってる店をご存知の方は私までご一報ください。

 

かわいいねこ



「かわいい ねこ」



妹作第2弾だそうです。


画用紙を与えてから約2時間、今回もアドバイス無しです。







ではいろいろ気になるので質問を。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Q :  今回の第2弾の作品タイトルは?
A :  「かわいい ねこ」。

Q :  ”かわいい”は要る?
A :  要る。

Q :  ではこの”かわいい ねこは”一体何してるとこ?走ってるとこ?
A :  違う。彼にとって大事なことを考えてるとこ。

Q :  ベロ出しながら?
A :  ベロ出しながら。

Q :  じゃあこの”かわいい ねこ”は雄?
A :   ぜったい雄。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




はぁ。そうなんやぁ。。



一体、彼にとって何が大事なのか、
深い設定なんて絶対無い作品ですが
気になるなぁ。。。

なにはともあれ、
表現したいものを目指して試行錯誤するということは
楽しくて良いですね。

本人も「頭の体操になった」と
まだ若いのにそんなことを言っていました。



前回は前歯を出したウサギを
今回はベロを出して考えるネコを


常に何かは出してたいのか!?


次回、この”かわいいねこ”の
アンサーポップアップをアップします。



Hiromi&Y



いいえ、共作です。

 


こんばんは、いつの間にか深夜です。Hiromiです。

週末は風が冷たくて寒かったですね。


   


土曜日は友達の個展へ行き、

私ものんびりしていられないなと思いながら過ごした週末でした。


さて早速ですが、

前々回に初登場した、

妹によるポップアップ、出っ歯うさぎ(写真左)の評判がとても良いです。



ということで(?)


母親の誕生日に贈る手作りポップアップカードのモチーフは

”うさぎ”にしました。それが右の写真です。

しかけは妹のをそのまま利用。


いやいや、お姉ちゃんやからそこは利用してオッケィやし。

盗作じゃないし。共作やし!


妹の案に前歯•耳•下あごのパーツをプラスし、

カードを開くところを下から見るとこんな感じ。


(※今回は口の中にHappy Birthdayと書いてみました)


小さい頃ウサギを2匹飼っていた私。

前歯は少し太めに作りましたが歯と歯茎の感じは似てると思います。




そしてこの出っ歯具合い!




噛み合わせ悪いですね。



後日、母親には敢えてこのモノクロのまま裏にメッセージを書いて

誕生日の日に渡しました。

飼っていたウサギを思い出して喜んでくれました。

良かったです!!!



しかけ自体は他の動物でも使えると思います。 

前歯が出てる系の動物でも良いし、前歯出さなくても良かったら

ゾウとかカバとかでもいけると思います。


つまり、カードを作る時、贈る相手の何かしら関係がある物をモチーフにするのが

より喜んでもらえるポイントということですね!当たり前ですが。





果たして、気まぐれ妹の次回作はあるのか!!!?


無いのか!!?



……期待してくれる人が居たら、作るかもね。



Hiromi




妹の作品〜出っ歯のウサギ〜

 

The rabbit has prominent front tooth

これが妹の人生で2回目のポップアップ。

初めて作ったものは

なぁ〜んの形にもならずタダの四角形でしたが、

昨日制作する私の隣で無心に作っていたのがコレです。
一切の助言はしていません。



………いきなり上達してませんか???
………え?みんな初めからだいたいこの位はできるもんなの???





いつしか流行った鼻デカ動物みたい。
ちょっと可愛い。けどちょっとふてぶてしい。



そしてものすごい出っ歯。

体の半分以上が顔。

その顔の半分以上が歯。




なんでいつも歯が出てる絵を描くのか、
ずっと謎で、おねぇちゃん的にとても心配(笑)



Hiromi




1

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 即席置き手紙
    Hiromi
  • 即席置き手紙
    Midori
  • 本日のあれなこれ。
    Hiromi
  • 本日のあれなこれ。
    Midori
  • まずは見積もりから始めよう。
    Hiromi
  • まずは見積もりから始めよう。
    Hiromi
  • まずは見積もりから始めよう。
    Midori
  • 二日前の自分に問いたい。
    ひろみ
  • 二日前の自分に問いたい。
    みどり
  • トナカイは雌でも角が生えるらしいからいけると思う。
    Hiromi

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM