【Tulip】 花びらの重なりを表したかった!

 

To face pop-up in Ireland

〜 Color layer of tulip petals 〜



こんにちは。

1つ前の日記を書いた後、殆ど飲み食いせず誰とも話さずに夕方まで熱中して創りあげました。

頭の中にあるような綺麗なものを創りたいという気持ちと、日中の弱い日光を逃すまいという気持ちとが相まって

久しぶりに集中力発揮です。

創る工程をこまめに撮影するつもりだったのにいきなり完成……、Hiromiです。


どうでしょうか???

全体はスッキリとこんな感じで、紫色のチューリップです。



今回表現しようと目指したのは”花びらの重なり”。

分かりやすい(?)場所でいうとチューリップの花の下部のところです。



近寄ってみると…




光を受けることで透けて見える、花びらと花びらが重なり合う時に出来る色の濃さの違い、

あぁ綺麗。

これこそが今回やってみたかったことです。



色については紫と決めつつも色んな紫色があるので

たくさん色を作ってその中から決めました。


右後の花びらと、茎と葉っぱの色はなかなか納得いく様に決まらず、

何がどうしてこんなにも私に違和感を与えるのか答えがみつからないまま

「なんか違うねんなぁ〜」と、何度も塗り直しました。


......................................................................................................................................................................................................


この「なんか」違うの「なんか」の部分を

私はとても大事にしています。


人やものや物事を見たり聞いたり感じたりするとき、

いい意味か悪い意味か分からなくても「なんか」を感じたら

そこで少し立ち止まって考えてみています。


大事なことかもしれないし全然何ともない事かもしれないけど

後々あの「なんか」は気のせいでは無かった!

と感じられることが多いのです。


みなさんはどうですか?


......................................................................................................................................................................................................



さて話を戻して
無事に「あ!しっくりきた!」という時が訪れ、
パーツ作成→組立→完成へ。


構造的なところでいうと今回のしかけは【台紙+パーツ×9】で出来ていて、
組立はそれほど難しくはありません。

しかけの動きとしてはいつも通りで、台紙を開けるとチューリップの花が咲きます。
と共に中の雄蕊がひそかに上に上がってきます!

受粉しようとするチューリップの動きですが、この雄蕊の動きは花を覗かないと確認できません。
真正面からでは花が咲く動きだけが見えるのです。



因みに、最終的な完成品が出来るまでは計7個サンプルを作りました。

それぞれ型紙や台紙のサイズ、形、強度、色、動きを確認→修正→確認した、

大事な大事な私の工程です。


いつもひとつの作品が出来上がった時に共通して思うことは

最終的な完成品よりも途中工程でのサンプルの方にグッとくること(笑)


そしてその数々のサンプルを人ごとの様に眺めながら

「よくこんなめんどくさそうなやつやったなぁ…。」と思うのです。


創ってる最中は1mmも1%もそんなこと思わないのが不思議です。




きっと人それぞれ、そういう風に何の苦にもならない分野があって

勿論、その反対で苦手な分野もあって

だから色んな仕事や生き甲斐があって、それで世界が回っているんだろうなぁと、

そんな風に思います。





さて日記とサイトに写真をアップできたので、これにて2回目のチューリップ、終了です。


初期のに比べると、【型紙の精製度】、【何を動かして何を動かさないか】、【いつの時間に着目して創ったか】、【創る工程】、などなど色々違いがありました。


私なりではありますが、ポップアップという軸に少しずつ肉付けできているのかなと感じます。




さて次は何を創ろう。

百合はいっこうに閃かないのでまた違うものにしようかな。


Hiromi



         


【Tulip】”利”では無いけど”理”にはかなっているはず。。

 


To face pop-up in Ireland

〜 primitive way of correcting pattern 〜





昨日、今日と朝から雪が舞っておりますアイルランドからこんにちは。

スーツケースの1/4に紙を詰め、そのぶん冬服を削ったため完全なるニット不足です、Hiromiです。


さてチューリップのポップアップのつづきです。

他の芸術や文化に触れながらポップアップにどっぷり浸かれる時間が増え、

幸せを感じながら作っています。


ただ、日本に居る時の様にスキャナー・プリンターを使いたい時に使いたいだけ使えないところが玉に瑕。


スキャナーもプリンターも

買ったり借りたりお店に頼んだりしない限り使えません。


でもこの”転写”という過程、1つの作品を創る上で(私の場合)避けて通れません。



というわけで買ったり借りたりお店に頼む前に何とかならないものかと

まずはスキャニング・コピーの本質を考えてみました。





そして、、こうしてみました。





”窓に手書きの型紙を貼る”→”その上に転写したい紙をあてる”

→”なんとか日光で透けて見える線をなぞる”




原始的!!



毎日雨や雪で日光が少ないとか、写したい紙の方が分厚いとか難点はあったものの、

理にかなってはいるので(”利”では無くね)ちゃんと作れました。



右:はじめに手であれこれ考えながら作った元々のもの       

左:右を元に原始的スキャン&転写方法で型紙を作り、組み立てたもの




そんなこんなで今日はこれから色を作ります。


今回のこの型紙は比較的簡単というか、無駄と思うものを一切省いてみようと思って作ったので

それほど複雑ではありません。型紙的には結構綺麗なものが出来たと思っています。


どちらかというと今回は色の面で挑戦したい事があるのでそれが表現できるよう、

気分を盛り上げていきたいです。


それではまた♪



Hiromi




pop-up in Ireland 〜 TULIP 〜

 
To face pop-up in Ireland
〜 I'm wondering about if I will express TULIP (by pop-up) again...  〜



こんにちは。
昨日と今日は雨風が強くてアイルランドは嵐みたいです、
それでもまだ、外を歩く人達の傘さし率は30%にも達していないと思われます。
何故これでも傘ささへんのか、何故小走りにもならないのか、
濡れなれているのか、風邪ひかないのか………

もし私が要らない傘を余分に持っていて、「良かったらこれどうぞ使ってください」する時、
誰に差し出せばよいのか、
ありがた迷惑になる場合もあるのか………

とか考えながら今日も明日も雨の中を歩きます(勿論傘あり)、Hiromiです。


........................................................................................................................................


さてさて、本題にうつります。
今こちらは3月22日で、私の母親の誕生日でもあります。

そこで3月22日の花やその花言葉について調べてみると
「チューリップ・アザレア・ゼニアオイ・ムクゲ・レンゲソウ・レンギョウ・ヤグルマギク」
と沢山出てきました。

それぞれの花の構造や雰囲気、花言葉等を見ながら、
ちょっと思い立った事があったのでチューリップで実行することに。

でも実はチューリップはだいぶ初期に創った事があって、その時の作品はこんなでした。


これ以降、この花に手をつけていないのですが今の自分だと
同じ題材をどう表現するのか、ちょっと挑戦してみようと思います。

この時と比べてそんなに変化が無かったらどうしよう…と少し焦ってもいますが、
何をどう動かしてどういう時間を表現するか
という思考回路は明らかに初期とは違ってきているので
その違いがどう現れるかを楽しみたいです。


まぁそんなことはさておき、
お母さん、誕生日おめでとう!!

Hiromi





pop-up〜TULIP〜



Tulip

                                        no title(2009)
                                      85mm×200mm


2009年、
花の構造をポップアップで表現してみようと真剣に挑戦した初めの作品。

チューリップの花の構造、おしべとめしべの位置関係、
葉っぱの付き方などを調べてから作りました。

実はこれは更に一年前くらいに作ったもののやりなおし版。
改良前は▼です。


この時ちょうど以前使っていたパソコンがつぶれて
色々データでの保存等できひんくて
写真も携帯で撮ったので画質が悪いですが。。

何を改良したかというと。。。


メインの花についている左の葉っぱの位置です。

しかけ上、花の直ぐ下に葉のパーツを付けたのですが、
実際のチューリップの葉は花のスグ下になんて付いてません。。。
本当はもっと下に付いています。

知ってたけど!!!
でもどんな工夫をすれば良いか思いつかなかった。

し、

実はこの時はそこまで詰めて考えて無かったです…。

というわけで改良版で実際のチューリップの形に近づけたというワケです。

でも改良版でも課題は残っています。


今の私(この時よりちょっとは成長してる私)が
この作品の型紙等を見ると、

あーここはこうできるなぁ〜

という部分があります。


そんな、ポップアップで植物を制作するのに夢中になり出した初めの頃の
作品です。



次は何いこうかな。


読んでくれてありがとうございました☆

Hiromi




1

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 腹痛スタート
    HIROMI
  • 腹痛スタート
    Midori
  • お風呂前に。
    HIROMI
  • お風呂前に。
    MIDORI
  • コンテスト通過のお知らせ
    Hiromi
  • コンテスト通過のお知らせ
    Midori
  • 【Let Me Bloom】50冊分製作中です。
    Hiromi
  • 【Let Me Bloom】50冊分製作中です。
    Midori
  • 即席置き手紙
    Hiromi
  • 即席置き手紙
    Midori

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM